本文へ移動します

都立大での学びを活かせる、製品の設計・開発に携わる仕事をしたい

学生 イメージ

町田 泰輔

システムデザイン学部 システムデザイン学科
ヒューマンメカトロニクスシステムコース 4年
神奈川県立 柏陽高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

私が都立大に進学した理由は、設備が充実していて、また比較的少人数で授業が行われるためしっかりとした指導が受けられると考えたからです。本コースを選択したのは、ロボットのことから精密加工などのことまで、近年盛んに研究され現代社会にある技術の基盤として、なくてはならない分野を幅広く学ぶことができ、それが非常に魅力的に感じたからです。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

「機械設計と加工」「加工工学演習」

授業では、CADによる設計から5軸切削加工機や3Dプリンタを用いた加工までを学びました。初めて操作する機器もありましたが、先生とTA※の方が連携して指導してくださるので、取り扱いにも苦労することなく、設計・加工の背景にある理論を、実体験しながら理解を深めることができました。これらの授業で身につけたものづくりの考え方は、卒業研究で取り組んでいるナノレベルの超微細な構造の作製にも生かされています。

※TA…ティーチング・アシスタント

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

今後は大学院に進学し、より専門的な研究に取り組もうと考えています。大学院卒業後は、大学と大学院で学んだことを活かし、企業の開発部門などで製品の設計・開発に携われたらと思っています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2017年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ