本文へ移動します

大学院まで研究を継続し、社会に貢献できる研究に発展させたい

学生 イメージ

黒澤 道希

システムデザイン学部 システムデザイン学科
情報通信システムコース 4年
東京都 私立高輪高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

情報技術について関連する内容の多くを学ぶことができ、また自分の興味・関心次第で、専門領域以外の学問も学ぶことができる総合大学だということが、大きな理由です。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

情報工学演習

同じ作業をするプログラムでも、アルゴリズム次第で計算処理の時間が大きく変わります。そのことを理解するため、ソートなどの基本的なアルゴリズムについて、問題に対して自分でプログラムを実装して処理速度などを確認しました。実習の目的はプログラミング技術の向上ですが、非効率的なアルゴリズムが引き起こす現実問題にも触れ、今後プログラムを書く上で重要な基礎を身につけることができました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

現在は、自然言語処理研究室で、機械翻訳について研究しています。この研究は大学院でも継続する予定です。さらに研究を深めるなかで、社会に関わる何かに貢献できるように発展させていくことが目標です。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2017年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ