本文へ移動します

新しい技術、システムで人を感動させ、快適なライフスタイルを広めたい

学生 イメージ

梨木 玲穏

システムデザイン学部 システムデザイン学科
ヒューマンメカトロニクスシステムコース 4年
東京都立 清瀬高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

都立大は総合大学であり、多様な専門科目を自分で自由に履修することができ、さらに理系だけではなく文系の学生とも知り合えるからです。また公立大学なので学費面でも負担が少ないことも魅力です。

このコースを選んだのは、これからの世界は情報化社会がより進んでいき、IoT、AI、VRなどが発展することから、そのような社会に出た際に貢献できる人材として必要な能力を身に付けていたいと考えたからです。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

知能情報処理

今後ますます重要となる情報科学の分野の中でも、特に人間の心理と生理にも関係する知能情報処理の考え方や手法を学びました。AIはロボットの機能を実現するためにも、人間との対話をするためにも重要な技術です。人間の優れた特性を取り入れて発展する知能情報処理について、幅広い内容を勉強しました。これからの情報処理技術の中でも必須となる分野だと思いました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

将来は、現在世界にある携帯電話やPC、TVのように私たちが当たり前に使っている技術、商品、システムや、その基盤になるものを作っていきたいです。また、その技術やシステムで人々に感動を与え、今までできなかったことを実現し、快適なライフスタイルを広めたいと考えています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2017年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ