本文へ移動します

人を楽しませる作品を、広く発信していきたい

学生 イメージ

山口 大洋

システムデザイン学部 システムデザイン学科
インダストリアルアートコース 3年
神奈川県立 西湘高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

高校の担任の先生から都立大のキャンパスや、研究設備は充実していることを教えていただきました。それ以前からデザインの分野に興味を持っていたうえ、全国でも数少ないデザインを理系として学べる学科とうことで、進学を決めました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

ゲームプログラミング演習Ⅰ・ゲームプログラミング実習Ⅰ

授業では、C++というプログラミング言語を使い、2Dグラフィックのゲームを作りました。ゲーム制作という実践の中で、プログラミングの基本的な考え方を学ぶとともに、実際に遊べるゲームを完成させた達成感も得られました。自身で書きあげたプログラムでコンピュータを動かしたのは、初めての経験。この技術を磨き、3DCGの分野で人を楽しませる作品を手掛けることが、次の目標です。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

プログラミングはいわゆる情報の分野にとどまらず、デザイン・アートの分野でも用いられることが多くなっています。3DCGやプログラミングの知識や技術を高め、その魅力を多くの人に発信していきたいです。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2018年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ