本文へ移動します

オフィス空間デザインで力を発揮し、いつかは「好きなときに好きな場所で働く人生」を実践したい

学生 イメージ

阿山 航

システムデザイン研究科 システムデザイン専攻
インダストリアルアート学域 博士前期課程2年
千葉県 千葉市立千葉高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

漠然とデザインに興味がありましたが、具体的に何をデザインしたいかまでは決まっていませんでした。都立大では1〜3年次に様々なものを対象としたデザインを包括的に学べるため、進学時点でデザインしたい対象が定まっていなかった私にとっては最適な大学だと考えました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

空間デザインスタジオ

空間デザインスタジオの学生は、それぞれの関心に合わせて空間デザインに関する研究や制作を進めています。私は、学部4年次に「物体の経年美化」をテーマに家具を製作。現在はわびさびの表現を課題とした空間デザインに取り組んでいます。また、スタジオで取り組むプロジェクトとして、アメリカのユタ州で空間デザインプロジェクトも実施しています。私も2度参加し、日本でのデザイン案を現地で施工するという貴重な経験をできました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

就職先は、オフィス空間をデザインする会社です。まずはそこでの仕事で学んできたことを充分に生かしたいと考えています。大きな目標は「好きなときに好きな場所で働く人生」を送ることです。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ