本文へ移動します

人の心を動かすCGアニメーションを手がけたい

学生 イメージ

尾﨑 晴信

システムデザイン学部 システムデザイン学科
インダストリアルアートコース 4年
神奈川県立 七里ガ浜高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

デザインに関する学修をしたいと考えていましたが、具体的にどのような分野を専攻したいのが明確ではありませんでした。このインダストリアルアート学科では低学年次に幅広い分野のデザインを総合的に学べるということもあり、自分の進みたい道を探せる時間があり、志望しました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

モーションキャプチャ演習

モーションキャプチャの機材を使って取り込んだデータから、コンピュータ上で加工し、数分のアニメーションを作成しました。先生の指導や、実際に制作の過程で私も実感したことは、画面の中での違和感のない動きと現実の動きは、異なるということでした。充実した設備を用いてC Gモデルの作成から作品として仕上げるまでを経験し、アニメーションをデザインする思考法が身につきました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

他の科目においても映像制作をする場面があるので、衣装や小道具などを必要とせず低コストで行えるという利点があるモーションキャプチャを積極的に取り入れていきたいと考えています。将来は、人々の心を動かすようなCGアニメーションを手がけたいと考えています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ