本文へ移動します

機械システムの知識を、医療用の器具や医療ロボットの世界で発展させたい

学生 イメージ

相澤 翔

システムデザイン学部 機械システム工学科
生体機械コース 2年
東京都立 多摩科学技術高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

以前からロボットが好きでした。都立大の機械システム工学科であれば、ロボットを中心に、深くに学べると考え志望しました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

システム解析

ロボット制御などに利用されるシステムの解析や設計で重要となる基本的な考え方を学んでいます。授業で扱う内容が、機械システムのどのような部分に利用されているかなどの具体事例が示されるため、今後の研究や実用性などの目的意識を持って学ぶことができました。受講前はロボット制御について漠然としていたのですが、そこに生かされている技術や数学について、理解することができました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

現在学んでいることは、実用性のあるものであり、これから学修する様々な分野、特に機械システムに必要な科目を学ぶ際、また研究を行う際には自然に活きてくると思います。今は、医療機器に興味があるので、医療用の器具や医療用ロボットなどに関わる道に進みたいです。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ