本文へ移動します

電気が持つ多様性を発展させ、世の中に貢献したい

学生 イメージ

吉田 陽彦

都市教養学部 都市教養学科
理工学系 電気電子工学コース 3年
神奈川県 私立横浜隼人高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

私が興味のある電気工学のコースがあり、また少人数教育で、学生一人ひとりに手厚い指導をしていただけると期待しました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

電子情報システム工学ゼミナール「超音波生体画像」(3年次)

この授業では、超音波を当てて戻ってくる時間や強度を利用して画像を取得します。超音波の利用については原理が解説されるのみ。どのようなプロセスで画像を取得するかは、グループで考え実行します。さらにその後、超音波を利用する何かを自由な発想で作製する課題もあり、プロセスの考案やスケジュール設定から一つの実験に取り組んだため、成功した時の達成感は格別でした。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

電気工学を学ぶ中で理解したのは電気の多様性です。世の中にある様々な問題を解決するために、この多様性を発展させ、貢献したいと思っています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ