本文へ移動します

物理学で得た論理的思考力を社会でも活かしたい

学生 イメージ

在原 拓司

都市教養学部 都市教養学科
理工学系 物理学コース 4年
東京都 私立工学院大学附属高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

少人数で勉強しやすい環境が整っていることや、教養のカリキュラムが充実していることは入学前から期待していました。高校生の時に物理の授業を受け、未知の自然の法則を研究するという物理学に魅力を感じ、このコースを選択しました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

物理学特別研究Ⅱ

高エネルギー物理実験研究室に所属し、素粒子を研究しています。物理学の魅力は普遍的な原理に基づき、未知の自然法則を論理的に解明する点にあり、宇宙のような巨大な対象から素粒子のような極微小な世界まで、幅広いスケールの不思議を自らの手で明らかにします。現在は素粒子の性質から、現在の物理学を超えた領域での新発見を目指しており、大学院に進み研究を発展させる計画です。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

私は大学院に進学し、引き続き物理学を研究したいと考えています。学部で培った基礎をもとに、最先端の研究にチャレンジするとともに、将来に活かせる論理的思考力を磨きたいと思います。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2018年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ