本文へ移動します

自身が学んだ数学の奥深さを教員として伝えていきたい

学生 イメージ

大久保 ひかり

都市教養学部 都市教養学科
理工学系 数理科学コース 4年
東京都立 昭和高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

中学生で数学を学び始めてから、将来は数学の教員になりたいと考えていたので、理工学系数理科学コースを選びました。また都立大の数理科学コースは、比較的少人数で授業が行われていると知り、先生からより手厚い指導をいただけると期待しました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

数理科学特別研究(整数論)

整数を抽象的な概念として扱い、それ自体の性質や数学の奥深い世界を理解する道具として学びます。これまで学修してきた別分野や他の科目の知識を利用し関連性や類似性を見つけ、さらに具体例を挙げることで整数に対する理解を深めています。定理の証明も文章の理解を超えて本質に迫るなど、高校までの数学にはなかった刺激的な体験は、私の知的好奇心を喜ばせてくれるものです。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

大学での学びを通じて得た知識を土台として、数学の奥深さや面白さを生徒に伝えることができるような教員なることを目標に今後も頑張っていきたいと思います。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2018年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ