本文へ移動します

生物学には驚きがたくさんあります

学生 イメージ

西野 真悠

理学部 生命科学科 1年
埼玉県立 伊奈学園総合高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

1年次から研究できる「自主研究」プログラムに惹かれました。生命科学科では、学部生のうちから英語で生物学を学びます。これは、英語力の向上はもちろん、英語論文を書く際、また海外の研究者と交流する際にも役立つと考えたのも理由の一つです。そして、自分の興味のある研究をしている研究室があったことも進学を決めた大きな要因でした。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

General Evolutionary Biolog y(進化生物学概論)

生命科学科には英語課程があり、今後、英語で論文を書いたり、海外の研究者と交流したりする際に役立つと考え、受講しました。「General Evolutionary Biology」という授業では、地球上に生命がどのように誕生し、進化、適応してきたのかについて学んでいます。進化学は、生物学のさまざまな分野とつながりをもちます。また、過去を学ぶだけでなく、地球上の生物の未来を考える上でも、重要な知識を得ることができました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

極限環境生物学に興味があるので、その生態と進化を学んでみたいです。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ