本文へ移動します

解明されていないことが多いから研究しがいがある

学生 イメージ

高橋 知未

都市教養学部 都市教養学科
理工学系 物理学コース 3年
山形県立 米沢興譲館高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

三人兄弟なので、学費が安く、奨学金や授業料減免などの制度が充実している大学に進学しようと考えていました。また、自分の専攻以外にも興味のあることを積極的に学びたいと考えて総合大学を選びました。広々としたキャンパスも志望動機の一つです。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

現代物理学序論(ナノサイエンスについて)

「現代物理学序論」では、物理学コース(現・物理学科)の教員が交代で登壇し、自身の研究テーマや、それぞれが専門とする分野における最先端の課題について分かりやすく講義してくれます。研究に対する具体的なイメージが涌くので、3年生にとっては次年度に控えた卒業研究に取り組む研究室選択の参考になります。また、物理学にはまだまだ解明されていない課題がたくさんあることを知り、卒業研究への意欲が湧きました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

次年度にはいよいよ卒業研究が始まります。少し不安でもありますが自分のやりたい研究に取り組むのが楽しみです。また、大学院への進学を考えているので、そのための学修にもしっかりと励んでいきたいです。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ