本文へ移動します

セキュリティやAI分野の研究を大学院で継続したい

学生 イメージ

西山 侑太

都市教養学部 都市教養学科
理工学系 数理科学コース 3年
熊本県 私立熊本マリスト学園高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

高校時代は数学が一番得意かつ興味もあったため、大学では数学を学びたいと考え数理科学コースを志望しました。オープンキャンパスに参加した際、広いキャンパスと落ち着いた雰囲気が気に入ったこと、専門意外の授業も充実していたことから進学を決めました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

解析学B(3年次)

生活のさまざまなところで現れる微分方程式について研究するための、多様な理論を学んでいます。中でも、本科目では常微分方程式における初期値問題や線形常微分方程式、解の安定性などの理論に取り組みました。講義は常に理路整然としていて分かりやすく、しかも学生に合わせたペースで進むので、初めて触れる理論についても一つひとつ自分の理解を確認しながら学ぶことができました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

今は数学だけでなくコンピュータに興味があり、大学院に進んでセキュリティやAIなどの分野の研究をしたいと思っています。セキュリティなどには代数系が、AIなどには解析系や統計などの数学が関係してくるので学部で学んだことも生かせます。将来は、数学で培った論理的な思考で物事を捉えられるようになりたいです。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ