本文へ移動します

中学校の数学教師として厳密に学ぶ楽しさを伝えたい

学生 イメージ

藤中 樹音

都市教養学部 都市教養学科
理工学系 数理科学コース 4年
東京都 私立和光高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

自宅から比較的近かったことに加え、公立大学で一クラスが40人程度と、学生同士が近い大学であることから進学を決めました。少人数クラスなら、互いに議論し合い、学びを深めながら、数学の楽しさを共有できると考えたのも要因の一つです。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

数理科学特別研究Ⅰ・Ⅱ

研究室で代数幾何学を学びながら、並行してルート系の専門書を読むセミナーにも参加しました。セミナーでは、他の学生の意見や先生の解説を聞きながら、専門書を1行ずつ噛み砕くように理解していくため、都度つど深く考える読み方が身につきました。また、根拠を示して正確に証明するという数学の基本を理解し直せたことで、難しい問題も初心に立ち返ることで解答への道筋が見えてくることを実感できました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

中学時代の数学の先生はとても魅力的な授業をし、数学の楽しさを教えてくれました。将来は私自身も、数学を楽しむ気持ちや、数学を厳密に学ぶことの喜びを学生に教え、また、学生に信頼される教師になりたいです。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ