本文へ移動します

相手の話を理解し、自分の意見をしっかり伝える。そうした姿勢で異文化を繋げる仕事をしたい

学生 イメージ

宮本 ひかる

都市教養学部 都市教養学科
経営学系 経営学コース 3年
兵庫県 私立神戸女学院高等学部 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

将来、東京で就職をしたいと考えていたので、一人暮らしで自立の準備のできることも含め、都立大を選びました。

やりたいことはすべてやりたい性格なので、部活のマネージャーをしたり留学生とシェアハウスをしたりと、さまざまなことに挑戦してきましたが、経営の専門的な知識がまだ足りていないと感じ、自主的に学ぶ環境がある西村ゼミに入りました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

演習(ゼミナール)

このゼミでは、経営の資源である人材のマネジメントについて、専門書を輪読し、全員で議論します。議論は4時間以上に及ぶ時もあり、専門的な知識だけでなく、論理的思考や表現力、第三者的視点やリーダーシップの取り方まで幅広い力が養われていることを実感。他大学との合同研究発表会や企業への研究発表会もあり、学生は皆、二つのグループに所属し、それぞれの研究に取り組む、密度が高く成長できるゼミです。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

何事にも批判的にならずオープンマインドでいること、相手の話を理解し、自分の意見をしっかり伝えられることが目標としている人間性です。社会人になった後も、常に自分の立ち位置を客観的に観察し、立場の違う人たちに対してどうアプローチをしたら良いかを考えていきたいと思います。卒業後の明確な進路はまだ決められていませんが、異文化を繋げる仕事がしたいと考えています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2017年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ