本文へ移動します

高いレベルの卒業論文を完成させ、将来は金融業界で活躍したい

学生 イメージ

大島 雄也

都市教養学部 都市教養学科
経営学系 経営学コース 3年
栃木県立 宇都宮高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

建物がきれいで、キャンパスや在学生の雰囲気もよかったことを覚えています。経営学コースも、もともと経営学に興味があったので、私にとっては理想的な進路選択でした。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

経営科学概論

オペレーションズ・リサーチの手法を用いた多様な分析、線形計画法のモデル化、双対問題と双対定理など、経営科学の数理計画問題を主に学びます。初めて目にする用語が多いのですが、計算の楽しさや統計の面白さに惹かれました。経済学や心理学など応用先が広がる点も、興味深く学べた理由です。ここで身につけた考え方や手法を、卒業論文はもちろん、社会でも広く活用したいと考えています。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

いまは、まず高いレベルの卒業論文を完成させて、納得した形で卒業を迎えたいと思っています。卒業後は、金融関係の職について、主に新事業を始める人や、投資家との仲介に入り融資に関わるような仕事をしたいです。

都立大で学んでいることを活かせる場面があるか、今の時点では分かりませんが、できるだけ積極的に活用していきたいです。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2017年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ