本文へ移動します

経済の血液といわれる金融分野で、社会や経済を豊かにしたい

学生 イメージ

高橋 聖也

都市教養学部 都市教養学科
経営学系 経営学コース 3年
秋田県立 横手高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

実家が会社を営んでいたため、高校時代から経済・経営分野に興味がありましたが、高校での文理選択の際に理系を選んでしまい、履修の関係で受験できる大学が限られてしまっていました。都立大は経営学系でも理系科目で受験できる枠が設けられていて、私にはぴったりの進学先でした。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

演習(ゼミナール)

ゼミではファイナンスやその社会的価値を測る手法を学んでいます。企業が有す資産価格の変動予測やリスク評価をする際は数学や統計学を応用し、またゲーム理論を用いて企業活動に関わる人や他社との相互関係も考慮します。金融業界に興味があり、統計学やゲーム理論など経済学の分析手法と、ファイナンスの知識を体系的に理解し、実社会で使いこなせるだけの力を身につけたいと考えています。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

金融業界に興味があるので、将来は金融で人々の生活を豊かにできるような仕事がしたいと思っています。金融は経済の血液といわれていて、その役割は非常に大切です。また今後、金融は大きく変わっていく分野でもあります。

その金融によって、金融の変革によって、より経済を回し、豊かにしたいと考えています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2017年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ