本文へ移動します

企業価値をテーマに卒論を書き上げ財務に関わる仕事に就きたい

学生 イメージ

坂根 雄飛

都市教養学部 都市教養学科
経営学系 経営学コース 3年
愛知県立 知立東高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

落ち着いた校風が、学修するのに最適な大学であると感じたからです。経営学系を選んだのは、文系だが数学の知識を使うことができ、とても文理横断的な学問領域で面白そうだと思ったからです。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

財務諸表論

財務諸表と企業価値の評価に関する基礎を理解した上で、アベノミクスの三大ガバナンス改革を考察しました。国が推奨し企業に浸透しつつある改革の方向性に対して、納得感や違和感を抽出し、企業価値という観点で資本構成、株主還元、現金保有など、個別の論点について学びました。学ぶ中で、企業が不祥事を起こす経営体制や、競争力・収益力を弱体化させる要因などが明らかになりました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

大学で質の高い教育を受け、丁寧に生してきたことで、将来の自分のビジョンが具体的になりました。私は学部でとくに力を入れて学んだ会計・財務に関する専門知識を生かして、働いていきたいと考えています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ