本文へ移動します

経済学の理論を確実に修得し大学院進学も進路の一つに

学生 イメージ

磯部 耀太

都市教養学部 都市教養学科
経営学系 経済学コース 3年
神奈川県立 希望ケ丘高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

1年間浪人を経験しました。文学部志望でしたが、後期日程の出願先を決めるときに、大学時代に経済学を専攻していたという当時の担任の先生が推薦してくださったことで、現在所属している学系・コースを受験しました。当初の目標とは異なりますが、今は経済学を学んでいることにとても満足しており、先生にはとても感謝しています。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

演習(ゼミナール)

前期のマクロ経済では、数式や理論モデルを現実の経済現象に当て検証したり、後期には英語のテキストで貨幣経済について学んだりしました。ゼミでは、テキストを読み、意見を交わすことで理解が曖昧な箇所を明確にできるため、学問を補うのに役立っています。当たり前のように使っていた貨幣について丁寧に学べたことで、政府の経済金融政策に対して批評的な観点で考える素養が身に付きました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

将来どんなことをしていくのかはまだ分かりません。ただ、大学で学んだ様々なことを生かし、自分の頭で考え、謙虚な姿勢を忘れずに臨み、どんなことでも新たな知識を獲得することを楽しめるような大人になりたいです。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ