本文へ移動します

住民を支えながら、平和構築や異文化交流に自ら行動し貢献したい

学生 イメージ

村田 彩楓

都市教養学部 都市教養学科
法学系 政治学コース 3年
東京都 私立桜美林高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

実家から近い公立大学であったことと公務員志望者が多いことが都立大を選択した主な理由です。また、以前から平和構築について興味があり、どうしたら平和な世界を構築できるかを学問的・現実的な視点から見出したいと思い、国際政治を学べる政治学コースを選びました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

法律学政治学演習(国際政治)

この授業では、現代の国際政治への理解を深めることを目的として、特に日本をとりまく安全保障環境について学んでいます。毎回の授業では安全保障に関する文献を読み、学生によりあげられた論点について議論を行います。この議論では、学生全員が自分の考えを表明しますが、毎回、発見の連続で、視野や考えの幅が広がるのを実感しています。自分の意見への反応から、どれだけの説得力があったかを知ることもでき、他者に伝わりやすい話し方や、話の組み立て方を考えるきっかけになりました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

現在、公務員を目指していますが、将来は地方公務員として住民の方の生活の助けになるような仕事しながら、特に平和構築や異文化交流といった事業に携わりたいと考えています。また同時に、平和構築を目指すボランティアに参加し、自らが実際に行動することで、平和構築に貢献したいと思います。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2017年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ