本文へ移動します

言葉を大切にして、人の気持ちに寄り添える力を身につけたい

学生 イメージ

井坂 夏美

都市教養学部 都市教養学科
法学系 法律学コース 3年
東京都立 国立高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

公立大学には、公立高校に通っていた自分と同じような価値観を持つ学生が集まるのではないかと思い進学しました。法の専門家をテーマにしたテレビドラマの影響もあって、小学生の時から漠然と「法」や「政治」というものに興味を持っていました。大学受験の際、法の仕組みや理念を学びたいと考えて、現在の学系・コースを選択しました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

法律学政治学演習(日本政治思想史)

明治初期に創刊された『明六雑誌』を講読し、当時の政治思想を考察しています。同誌を読むと、国を導こうとした当時の哲学を知ることができ、現在の自分が常識としている考えを疑ってみるきっかけになっています。過去の理論が現代にも通用するか、自分ならどう考えたかといった検証を繰り返すことで、自己を見つめ直せるため精神的成長にもつながっています。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

自分の意見を正確に言語化できるようにしたうえで、他人の気持ちに寄り添える人間になりたいです。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ