本文へ移動します

学ぶ目的が「自分のため」から「社会や人の役に立つため」に

学生 イメージ

髙橋 舞帆

都市教養学部 都市教養学科
法学系 法律学コース 3年
神奈川県立 川和高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

学生数に対しての教員が多く丁寧な指導を受けられる点、ゼミ活動が活発で希望したゼミに複数所属できる点に魅力を感じました。公民の授業をきっかけに法律に興味を持ちましたが、私たちの生活に密接に関わっているにもかかわらず、日常生活で法律を知る機会が少ないため大学で深く学びたいと考えて法学系法律学コースを選びました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

法律学政治学演習(民法)

ゼミでは、判決文全体の構造を理解した上で、なぜそのような説明をしているのかということを考察しながら判例を研究しました。仲間と疑問点をぶつけあいながら議論していくので、毎回新しい発見を得ることができます。こうした活動を通して、日常生活でも言葉の表層的な意味や先入観にとらわれずに、文脈を考えながら相手の言うことを理解しようと心掛けるようになりました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

これまでは自分のために学修してきましたが、今後は大学での学びで得た知識や経験を生かして働くことで、社会に貢献できる人になりたいです。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ