本文へ移動します

英語開講科目で得た英語力を、留学先での議論でも活用したい

学生 イメージ

岩﨑 彩乃

都市教養学部 都市教養学科
人文・社会系 国際文化コース 3年
東京都 私立國學院大學久我山高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

英語圏文化論教室に所属しています。英語が好きで、アメリカに興味があり、文学作品の中で描かれたアメリカから、社会・文化・社会問題を学びたいと考え、志望しました。緑が多い広大なキャンパスも魅力ですが、少人数教育で先生との距離も近く、この学部は2年次にコース選択できる点も大きなメリットだと思います。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

英語表現論

この科目では、J・R・R・トールキンの『ホビットの冒険』を用いて、物語をさまざまな視点から読み解き、研究の主題を考えるなど、論文の書き方を実践的に学んでいます。特定の場面に入れ込みすぎたり先入観に固執しすぎたりすることで、本題から逸れることや矛盾が生じることがないよう、考えをまとめるのは大変です。しかし、行き詰まりを感じた時は先生に相談に行けば、いつでも丁寧な解説とあわせて考えを進めるためのヒントを与えてくれます。先輩にあたる大学院生は先生と激論を戦わせることもしばしばあり、私もそれくらいの知識と自分の考えを持ちたいと思う契機になりました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

2018年度には留学を予定しています。その前に、英文学作品に関する教養を高め、留学先での議論に生かしたいと思います。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2017年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ