本文へ移動します

卒業後はドイツとも取引のあるメーカーに就職

学生 イメージ

中山 ゆき

都市教養学部 都市教養学科
人文・社会系 国際文化コース 4年
東京都 私立十文字高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

外国の童話や児童文学、ヨーロッパの歴史に興味があったものの、どの分野を学ぶかまでは決められずにいました。人文・社会系は1年次の授業を通して、自分の一番学びたい事を探せる制度だったことから進学を決めました。オーストリアのウィーン大学へ1年間の交換留学ができるのも魅力の一つでした。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

ドイツ語圏文化史

「ドイツ語圏文化史」では、ドイツ語圏の映画を鑑賞し、批評を通してドイツ語圏の文化や価値観、歴史について学んでいます。オーストリア人と日本人の教員がそれぞれの言語で授業を行うため、ドイツ語圏への留学を考える学生にとっては、実践的授業です。そのほか、様々な専攻の学生と作品について議論できるのも魅力的です。主人公の心情の移り変わりに着目する人や、歴史的背景を重視して考察する人、英文学や日本文学といった他ジャンルの文学作品との類似性を見いだす人など、同じ作品を観ても、学生によってその受け取り方は様々で学修になります。議論を繰り返す中で多面的な物の見方を学び、卒業論文の執筆でもそれを生かせました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

卒業後は、ドイツとも取引のあるメーカーで営業職として働きます。大学の授業や、1年間の交換留学で身に着けたドイツ語力を生かしていきたいと思っています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ