本文へ移動します

スポーツの分野で技術を発揮できる、理学療法士になりたい

学生 イメージ

野澤 友哉

健康福祉学部 理学療法学科 3年
東京都立 立川高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

私は高校時代、将来スポーツ関係の職に就きたいと考えていました。そんな中、自身が部活動でけがをした際に理学療法士という職業を知り、治療という面からスポーツに関われればと考え、理学療法士を目指しました。数ある理学療法学科の中で都立大を選んだ理由は、説明会の際に感じた大学の雰囲気が自分に合っていると感じたことと、都立大の理学療法学科が国内でもトップクラスであることを知り、高いレベルで学ぶことに魅力を感じたからです。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

徒手技術学Ⅱ実習

脳血管障害を患った患者さんに対する理学療法を学びました。この授業では理学療法の基礎となる徒手的技術に重きが置かれ、疾患に合わせてその技術を活用できるようになることが求められます。徒手技術は道具を使わず自分の手を使って行う技術であるため、知識を得るだけでなく実技練習が重要です。必ず先生が実演で示してくれるので、それをまねて習得していきました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

将来、臨床の現場に出たときには、患者さん一人ひとりに寄り添い、その患者さんの疾患に合わせた治療を行える理学療法士になりたいと考えています。そして、いつかは理学療法士という職業を知るきっかけとなった、スポーツの分野において、この技術を活かし活躍できるようになることが目標です。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2017年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ