本文へ移動します

その人らしい生活に根ざした作業療法を提供したい

学生 イメージ

實川 美月

健康福祉学部 作業療法学科 3年
千葉県立 匝瑳高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

作業療法学について専門的に学べる国公立大学を探していました。中でも都立大は、授業や実習の充実度が高そうだと感じたので、進学しました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

作業療法評価学

2・3年が合同で行う作業療法総合演習や初期臨地実習を経て、その人の疾患を見るのではなくその人自身を見て支援していくことが大切だと感じました。また、疾患や治療の知識はもちろん、多角的に考え視野を広く持つことの重要性に気づきました。この先の実習や授業を通してさらにたくさんのことを学び、クライエントと確かな信頼関係を構築し、その人らしい生活に根ざした作業療法を提供できるような作業療法士を目指します。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

まずは来年から始まる現場実習で、これまで学んだことを活かせるように努力したいと思います。将来進む領域は決まっていませんが、クライエントにとって、心身ともに支えになれるような作業療法士になりたいと考えています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2018年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ