本文へ移動します

患者さんと、ともに歩んでいける理学療法士になりたい

学生 イメージ

虎岩 太朗

健康福祉学部 理学療法学科 3年
静岡県立 浜松西高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

幼い頃から理学療法士という仕事を知っていましたが、高校生のときに怪我の手術を経験し、理学療法士がより身近な存在となり、憧れるようになりました。国公立大学でこの分野の素晴らしい教授がいること、また地方出身なので東京の大学への憧れもあり、志望校に決めました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

運動学実習

座学で学んだ人体の構造や体内で起きていることを、実技を通して確認し、体験に基づく知識として定着させました。授業ではグループを組んだ学生同士が互いに施術し合いますが、それらは全てリハビリテーションの現場で患者さんに対して行う実際の療法。相手の反応を注意深く観察したり、適切な言葉をかけたりすることが求められ、コミュニケーションも重要であることに気付きました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

将来は理学療法士となり、より多くの患者さんと関わりそれぞれの目標に向かって適切なサポートしながら、ともに歩んでいけるようになりたいです。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2018年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ