本文へ移動します

学んだことを生かして相手を大切にできる人になりたい

学生 イメージ

成田 和樹

健康福祉学部 作業療法学科 2年
青森県立 青森高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

高校時代の自身の経験からリハビリについて興味を持ちました。その中でも特に作業療法について学びたいと思い、該当学部のある大学の中から、東京都が設立した大学ということでレベルの高い講義を受けられると考えて進学を決めました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

作業療法評価学

作業療法では、対象者がどのような人で、どんな援助を望んでいるかを見極める「評価」が重要かつ不可欠になります。「作業療法評価学」では、作業療法における評価の基礎を理解した上で、学生同士が互いに模擬患者となって評価し合う実習を行います。評価は人に対して行うものなので、先生から繰り返し、患者を大切に扱うよう指導を受けました。こうした相手を思いやる姿勢は、医療現場に限らず社会で役立つ力でもあると感じました。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

大学で学んだことを生かしながら、周りの人を大切にし、また尊敬されるような人間になりたいです。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ