本文へ移動します

患者に安心を提供できる理学療法士になりたい

学生 イメージ

熊田 悠介

健康福祉学部 理学療法学科 3年
福島県立 安積高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

理学療法について学びたいと考えていました。いくつかの大学の中から、施設が充実していた点などに魅力を感じて入学を決めました。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

中枢神経系理学療法学演習Ⅰ

中枢神経系の疾患やそれを原因とする運動障害、さらにその運動障害に対する理学療法について理解しながら、患者への配慮、コミュニケーションの取り方などを学びました。理学療法学科の授業はそれぞれ、他科目で学んだ知識や技術が関連し合っています。「中枢神経系理学療法学演習I」で学んだ患者とのコミュニケーションスキルなども含め、全ての授業が将来、理学療法の現場で働く際に生きてくると考えています。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

患者が安心できるように、気持ちを汲み取れる理学療法士になりたいと思っています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ