本文へ移動します

固定観念にとらわれない患者本位の看護を追究

学生 イメージ

森川 雄斗

健康福祉学部 看護学科 2年
静岡県立 静岡東高等学校 出身

Q1.都立大を選んだ理由、また在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

看護という専門分野はもちろん、総合大学であることから、他学部の学生と一緒に教養や基盤科目を学べるからです。多様な学問から刺激を受けることは、より良い人間性、社会性を身に付けることに繋がると同時に、様々な視点から看護を提供できる看護師になれると考えたからです。

Q2.いま学んでいる授業について、教えてください。

看護基礎援助学Ⅲ(日常生活援助技術演習)

看護師が現場に立つと、医療を提供する側が考えた医療方針を患者に強要しがちになることを学びました。先生のその言葉には、患者の立場で看護を提供することの難しさや、その提供のために患者の心を理解することの大切さが説かれているのだと思いました。現代社会では、患者やその家族から求められる看護は多様化していますが、総合大学で学んでいる特色を生かしてさまざまな学問から刺激を受けることで、柔軟な思考が身に付いています。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。

1つの概念にとらわれることなく、多角的な視点を持って患者をアセスメントし看護を展開できるようになりたいです。そのためにも、授業を通して客観的に情報を見る力を養おうと考えています。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時(2019年)のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ