本文へ移動します

アドミッションポリシー

平成30年度入試におけるアドミッション・ポリシーの詳細を参考に掲載しています。【参考】
※平成31年度入試におけるアドミッション・ポリシーの詳細は決定次第、掲載します。

首都大学東京は、世界有数の大都市である東京都における唯一の公立総合大学として、「大都市における人間社会の理想像の追求」を使命とし、広い分野の知識と深い専門の学術を教授研究するとともに、教育研究機関や産業界等との連携を通じ、大都市に立脚した教育研究の成果をあげ、豊かな人間性と独創性を備えた人材を育成し、人間社会の向上・発展に寄与することを基本理念としています。

このため、学士教育課程においては、人類共有の知的資産である学術研究に裏打ちされた専門分野の基本的な知識・理解及び技術並びに幅広い教養を身に付けさせるとともに、生涯にわたって有用となる能力を獲得させ、首都東京の諸課題、我が国や世界の課題の解決に貢献し、広く社会で活躍できる人材の育成を目的としています。

求める学生像
  1. 知的好奇心にあふれ、未知のものにチャレンジする人
  2. 独創的な発想に富み個性豊かな人
  3. 人とのかかわりを大切にし、社会に貢献する人
  4. 向上心が強く努力を惜しまない人
各学部のアドミッションポリシーと選抜方法(平成30年度入試)
ページトップへ