本文へ移動します

首都大ラグビー部 強さの秘訣、三つの柱

Q.今年度のラグビー部の目標とそれを達成するための取組を教えてください。

A. ラグビー部は現在三部に所属しており、今年度のラグビー部の目標は入れ替え戦に出場することです。そしてその目標を達成するために心掛けている三つの柱があります。それは、早く準備すること、限られた時間の中で一分一秒でも長く練習すること、試合のイメージを持って練習に取組むことです。
首都大は他の強豪校と比べて練習する日数が少なく、練習時間も限られています。そしてこの三つの柱を心がけることで、時間は少ないながらも、練習の質を高める事が出来ると思っています。

Q ラグビー選手と聞くと、体が大きいイメージがありますが、実際にどのようにして体づくりをしているのですか?

A. 食事を中心に体づくりをしています。ただ、各ポジションにより求められる体重が異なるので、各ポジションにリーダーを置いています。練習前に体重を量り、いい感じで体重が増えてきているか、逆に減っていないかをそのリーダーが管理しています。体重が減っていれば、もう少し食べるように勧めます。

Q 首都大ラグビー部の経験者と未経験者の割合はどのくらいですか?

A. 未経験者は各学年一人や二人であり、割合でいうと10%程度と少ないですが、コツコツと練習をすれば、試合に出ることは十分可能です。現に大学に入ってラグビーを始めた未経験者もスタメンとして試合に出ています。

Q ラグビーをしていて一番楽しいと思う時はどのような時ですか?

A. 三つの柱を心がけて練習した結果、上位二チームである駿河台大学や防衛大学などの強豪校に勝てた時にラグビーをしていて楽しいなと感じます。

Q 最後に新入生に向けてメッセージはありますか?

A. 首都大には色々な部活やサークルなどがありますが、僕たちラグビー部は少ない日数で密度の濃い練習をしているので部活一辺倒になることはありません。勉強と部活を両立することのできる部活です。新入生には新歓や体験に是非来ていただき、ラグビーの魅力を知ってほしいです。

【学生広報チーム 前田和昌(経済経営学科 2年)】

ページトップへ