本文へ移動します

ミニ講義 ― 首都大学東京の「学び」を体験!
小林 隆司 教授

小林 隆司 教授
H30再編後の所属
健康福祉学部 作業療法学科
小林 隆司 教授 【教員紹介】
キーワード:
リハビリテーション, 作業療法, 生活の質の向上

生活の価値の向上と社会参加を地域で支える、「作業療法」という領域

イメージ1
「作業療法」が生活の価値を上げる

「作業療法」は、精神的、身体的あるいは環境的な困難のために、「その人にとって価値のある生活上の行為」ができない場合や、「行きたいところに行く」ことができない状況などを改善するためのリハビリテーションを指します。
リハビリテーションは、身体的な訓練だけを指すのではなく、できないことをできるようにするためのマネジメント全体を意味します。近年、これらは「生活行為向上マネジメント」「生活行為向上リハビリテーション」と呼ばれています。これらこそ、作業療法が担う領域なのです。

それぞれの患者さんに合ったプログラムを作成する

例えば、病気やけがによって利き腕が思うように動かなくなり、生きがいだった「釣り」ができなくなって、引きこもりがちになってしまった人がいるとき、作業療法ではどのようにアプローチできるでしょうか。この例では、利き腕の機能回復訓練をするとともに、残された機能を活用して釣りが楽しめるプログラムを作成するのが、作業療法士の役割となります。釣りの道具を工夫することや、社会資源を活用してサポーターを探すことなども含まれるでしょう。
こうしたプログラムが功を奏して、患者さんが再び釣りが楽しめるようになり、生きがいを取り戻すことができれば、その人の心身両面にわたる健康の増進につながります。それこそが、作業療法のめざす社会的な役割なのです。

期待される地域社会での活躍

地域社会には、作業療法のプログラムを必要としている人が数多くいます。医療的な処置や機能訓練は終了しても、以前の生活を取り戻し、社会復帰を果たすために「生活行為向上リハビリテーション」が必要である例は少なくありません。ほかにも、子どもや高齢者など、作業療法によって生活の質を向上できる人々は、地域にたくさんいます。
地域共生社会、地域包括ケアシステムがめざされる現在、作業療法という領域が地域で果たす役割は、ますます大きくなっているのです。

発達障がいの子どもたちの生活の質の向上を支援する「作業療法士」

イメージ1
「作業療法」とは

理学療法が運動機能を回復させる訓練を指すのに対し、作業療法は生活上の「作業」に注目して、それができるようになる方法を見つけ、生活の質の向上を図るものです。
作業療法の「作業」には、食事や歩行、家事などの生活行為から、旅行や仕事などの社会参加、あるいは他人との関係性を構築する社会的スキルなども含まれます。これらは、健常者にとっては特別なサポートがなくてもできることなのですが、精神的あるいは身体的な障がいがある場合に、簡単にはできなくなることがあるのです。作業療法は、障がいそのものではなく、できない「作業」に注目して支援するところに特徴があります。

目的は生活の質の向上

例えば、発達障がいの子どものなかには、一定の時間、座って話を聞くという「作業」が、著しく苦手な子がいます。授業中でも立ち歩いてしまうのはこのためで、頻繁に叱られ、精神的に追い詰められてしまうこともあります。 この場合、「一定の時間、座って話を聞くという作業ができるようになる」ことも必要ですが、作業療法の領域からは、「合法的に立ち歩いてもよい状態をつくること」が提案されることもあります。精神的に追い詰められる事態を防ぐことが、その子の生活の質の向上のために必要だと判断されるからです。もちろん、座っていられるように体を慣れさせるプログラムを並行して行うこともあります。

気づきにくい特徴に気づくことも

発達障がいにはさまざまな特徴があり、なかには「触覚過敏」という症状が現れることもあります。これは水が極端に苦手だったり、触られることに非常な苦痛を感じたりします。こうした障がいは、一般には気づかれにくいものですが、作業療法の領域では「感覚調整障がい」としてよく知られています。一つひとつの「作業」に注目する作業療法の視点だからこそ、気づくことができ、対応できることも少なくないのです。
こうした面からも、作業療法が発達障がいの子どもたちの生活の質の向上に果たす役割は、とても大きいのです。

高校生・受験生の皆さんへのメッセージ

「作業療法士」とは、患者さんが大切にしている活動ができるように支援する専門職です。一人ひとりの多様な生活が支援の対象なので、ロボットやAI(人工知能)に簡単に置き換わるような仕事ではありません。また、患者さんは子どもから高齢者まであらゆる年代にわたり、障がいの有無や程度に関係なくすべての人のライフステージに作業療法士は携わります。
高齢化が進むとともに、さまざまなパーソナリティが共存する現代、作業療法士が地域で果たす役割はますます大きくなるはずです。ぜひ、ともに作業療法の学びを深めていきましょう。


夢ナビ編集部監修

ページトップへ