本文へ移動します

高度研究

東京都立大学では、海外諸都市からの優秀な留学生を受け入れ、大都市共通の課題解決に資する高度先端的な研究である「高度研究」を実施しています。

家庭ごみ焼却スラグからの有価金属回収技術および可視光応答型光触媒ガラス作成技術の開発とその国際的応用展開
家庭ごみ焼却スラグから有価金属を回収し、汚染水浄化作用を有する光触媒として再生するノウハウを開発する研究 理学研究科
久冨木准教授
-

層状構造を持つ新しいエネルギー関連材料の創出
層状構造を持つ新しいエネルギー材料の創出を目指し、超伝導体及び熱電変換材料の新物質を開発し、デバイス化に向けた応用研究を推進する研究 理学研究科
水口准教授
HP 外部リンク

環境低負荷型の新しいバイオベース高分子機能材料の開発
豊富な植物資源(非可食バイオマス、植物油)から、環境負荷低減化に寄与する、リサイクル可能な高分子機能材料を開発し、簡便な化学反応で分解・再利用可能となる新規高機能材料の創製を目指す研究 理学研究科
野村教授
-

運動器の機能を回復する再生複合組織生成技術の確立―ナノ工学とメカノバイオロジーの融合による組織再生医療の新展開―
運動器組織である軟骨や腱・靱帯のみならず、骨との結合をも再現した複合的な生体組織を培養環境で生成する再生医療技術を確立する研究 システムデザイン研究科
藤江教授
-

革新的触媒を基盤とする二酸化炭素の高度リサイクル・資源化技術
二酸化炭素の高度リサイクル・資源化技術の確立を目的として,革新的触媒及び反応システムを開発する研究 都市環境科学研究科
宍戸教授
-

ゲノム編集細胞を用いた化学物質の細胞効果・薬理作用の包括的理解
ガンの特徴を利用して、ガン細胞特異的に化学物質による細胞死を引き起こすことで、事実上副作用のない、確実に効果が期待できる、次世代のガン治療法を提案する研究 理学研究科
廣田教授
-
ページトップへ