本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

観光科学域

従来の観光学や観光政策論に加え、地理学や生態学などの理学的方法、都市工学や交通工学などの工学的方法、実践的なまちづくり手法、ITツールを駆使した観光情報・行動の分析や発信など情報学的方法から「観光」に対しアプローチします。

概要

オリジナル
ホームページ
観光科学域 ホームページ 外部リンク
キャンパス南大沢キャンパス

所属教員一覧

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

【博士前期課程】
1 理念

 観光科学域 前期課程では、「観光」の資源やフィールドとなる都市・集落や自然地域の諸環境の保全や改善、適正利用を進めるため、また、観光を活用して地域の魅力や価値の向上、地域経済の向上といったまちづくりを進めるための教育・研究に取り組んでいます。 理学的・工学的な知識と技術を用いて、地域の現象解明や観光者の行動・意識の解読を行い、計画立案、観光振興の実践活動を担えるジェネラリストや専門家、教育者、研究者を育成します。

2 求める学生像
  1. 自然環境や歴史的資源に興味をもち、共生や交流、経済・社会活動、文化芸術など様々な活動を生み出す観光の研究に取り組む意欲を有する人
  2. 観光分野、および、観光に関わる複数分野の知見や技術を修得する意欲と、学際的な思考で観光に関して科学的に研究する意欲を有する人
  3. 地域の価値を発見し、その環境や資源を活用して、真に地域の発展に寄与する観光計画を立案、実現、運営するための専門的研究に取り組む意欲を有する人
  4. 観光を通して、地域から世界に至るさまざまなレベルで社会に貢献する意欲を有する人
3 入学者に求める能力
  1. 観光に科学的に取り組むための、観光分野、および、本学域で志望する専門分野やその関連領域の基礎的な知識や考え方
  2. 研究課題を自ら設定し、課題を解決するための努力の継続
  3. 人・社会・空間・情報を分析する論理的思考の素養や基礎的な学力
  4. 多様な人と観光に取り組むための、外国語を含む基礎的コミュニケーション能力や構想力、調整力
4 入学者に求める能力の評価方法

夏季試験(4月入学)
 学力試験(専門科目、小論文、英語)と、面接試験(口頭試問を含む)により、観光分野、および、本学域で志望する専門分野やその関連領域の学部レベルの専門的知識と英語力、論理的思考を有し、学問・研究に対する高い意欲を持っている学生を選抜します。なお、観光科学科からの受験者には、観光科学の基礎学力が特に優れていると判断される者を対象に、筆記試験を免除する制度があります。

冬季試験(4月入学)
 学力試験(小論文、英語)と、プレゼンテーション・面接試験(口頭試問を含む)により専門分野を問わず、観光に係わる研究能力と高い意欲を有する学生を選抜します。

夏季試験(10月入学)
 学力試験は4月入学の夏季試験に準じ、(専門科目、小論文、英語)、面接試験(口頭試問、卒業論文を含む)により、外国で学んだ外国人留学生や日本人で、観光分野、および、本学域で志望する専門分野やその関連領域の学部レベルの専門的知識と英語力、論理的思考を有し、学問・研究に対する高い意欲を持っている学生を選抜します。

【博士後期課程】
1 理念

 観光科学域 後期課程では、「観光」の資源やフィールドとなる都市・集落や自然地域の諸環境の保全や改善、適正利用を進めるため、また、観光を活用して地域の魅力や価値の向上、地域経済の向上といったまちづくりを進めるための教育・研究に取り組んでいます。

 理学的・工学的な知識と技術を用いて、地域の現象解明や観光者の行動・意識を解読し、そこから計画立案、観光振興の指導的役割を果たす高い実践力を有した専門家、教育者、新しい方法論を構築し実践できる研究者を育成します。

2 求める学生像
  1. 自然環境や歴史的資源に広範で深い識見をもち、様々な活動を生み出す観光の研究に、先端的かつ独創的な研究を行う熱意を有する人
  2. 観光分野、および、観光に関わる複数分野の知見や技術を修得する意欲と、学際的な思考で観光に関して科学的に研究し、観光科学という学術の高度化に寄与する意欲を持っている人
  3. 地域の価値を発見し、その環境や資源を活用して、真に地域の発展に寄与する観光計画を立案、実現、運営するための専門的研究に実績をもち、更にその深化に取り組む熱意を有する人
  4. 観光を通して、地域から世界に至るさまざまなレベルで、社会に貢献するとともに、国際的にも指導的役割を果たす熱意を有する人
3 入学者に求める能力
  1. 観光に科学的に取り組むための、観光分野やその関連領域の基礎的な知識や考え方
  2. 観光に新た視点や方法で取り組むための、本学域で志望する専門分野の専門的な知識や考え方
  3. 研究課題を自ら設定することができ、課題を解決する基礎的な力
  4. 人・社会・空間・情報を分析する論理的思考の素養と基礎的技術
  5. 多様な人と観光に取り組むための、外国語を含む基礎的なコミュニケーション能力や構想力、調整力、研究を遂行するリーダシップ
4 入学者に求める能力の評価方法

冬季試験(4月入学)
 学力試験(小論文、英語)と、プレゼンテーション(研究実績や研究計画)・面接試験(口頭試問を含む)により、観光分野やその関連領域の基礎知識、および、本学域で志望する専門分野の大学院前期課程レベル以上の研究能力と高い意欲を有する学生を選抜します。

夏季試験(10月入学)
 主に外国で学んだ外国人留学生や日本人で、観光分野やその関連領域の基礎知識、および、本学域で志望する専門分野の大学院前期課程レベル以上の研究能力と高い意欲を有する学生を選抜します。選抜方法については、冬季試験に準じます。

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

観光科学域の構成

ページトップへ