本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

電子情報システム工学域

現代社会を支える基盤技術であると同時に、未来に向けた先端・フロンティア技術でもある電子情報システム工学を、「情報ネットワークシステム」「通信システム」「エネルギー情報システム」の3領域で体系化。その総合的知識に基づく高度な実践力と、高い倫理観・使命感を兼ね備えた技術者・研究者を育成します。

研究科や専攻・学域の枠を超えた「大学院分野横断プログラム」の履修が可能です。
大学院分野横断プログラムについてはこちらをご参照ください。

概要

キャンパス日野キャンパス

所属教員一覧

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

【博士前期課程】
1 理念

 電子情報システム工学分野の高度な専門教育と課題研究を通して、情報システム技術及び電気電子通信システム技術に関する総合的知識の基盤を形成し、課題解決や課題発見能力、高い倫理観及び使命感を兼ね備えた創造的な技術者並びに研究者の育成を行っていきます。

2 求める学生像

 電子情報システム工学域では、情報システム技術及び電気電子通信システム技術に関する先駆的な研究を通して人材育成を行うことを目指しており、以下のような学生を求めます。

  1. 電子情報システム工学を基盤とした幅広い分野に興味を持っている人
  2. 情報システム技術及び電気電子通信システム技術における高度な専門知識の修得と新たな創造に対して主体的に取り組む意欲を持っている人
3 入学者に求める能力
  1. 志望分野に関する十分な専門的知識
  2. 情報システム技術及び電気電子通信システム技術に関する専門的知識並びに専門分野のみならず広い分野の知識
  3. 情報を正確に理解し、考えをまとめて表現するための語学力
  4. 状況に応じてより的確な判断を下す論理的思考能力
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験及び冬季試験)
 一般選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜の三種類の選抜方法を実施し、専門能力、発想力、論理的な思考力を総合的に判定します。実施時期は夏季及び冬季の二回で、評価方法は両者で基本的に同じです。

<一般選抜>
 筆記試験、英語外部共通試験スコア、面接及びその他の提出書類によって、総合的に判定します。
<社会人特別選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<外国人留学生特別選抜>
 第一次試験(書類選考)後、その合格者に対し、第二次試験(筆記試験、英語外部共通試験スコア及び面接)を行い、その結果及び提出書類によって総合的に判定します。

【博士後期課程】
1 理念

 電子情報システム工学分野の高度で先端的な専門教育と課題研究を通して、情報システム技術及び電気電子通信システム技術に関する総合的知識を実践的に形成し、高度な課題解決や課題発見能力、高い倫理観及び使命感を兼ね備えた創造的な研究者並びに技術者の育成を行っていきます。

2 求める学生像
  1. 電子情報システム工学分野の研究の一翼を担う使命感を持ち、電子情報システム工学分野で卓越した知を創出することのできる人。
3 入学者に求める能力
  1. 志望分野に関する深い専門的知識
  2. 情報システム技術及び電気電子通信システム技術に関する専門的知識並びに専門分野のみならず広い分野の知識
  3. 先駆的な研究課題を自ら設定することができ、課題を解決する能力
  4. 使命感を持って研究に取り組み、技術開発を通して社会や環境へ貢献する意欲
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験及び冬季試験)
 一般選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜の三種類の選抜方法を実施し、専門能力、発想力、論理的な思考力を総合的に判定します。実施時期は、4月入学が夏季及び冬季の二回で、評価方法は両者で基本的に同じです。また、10月入学者の夏季選抜試験も実施します。
 なお、海外在住の志願者に対しては、インターネットを用いた口頭試問を認めることがあります。

<一般選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<社会人特別選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<外国人留学生特別選抜>
 第一次試験(書類選考)後、その合格者に対し第二次試験(口頭試問)を行い、その結果及び提出書類によって総合的に判定します。

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

電子情報システム工学域の構成

ページトップへ