本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

情報科学域

情報技術は、目まぐるしい速度で技術革新を続けるがゆえに、その安定運用やセキュリティの脅威に関わるリスク管理など、未知の技術課題が次々に現れます。このような激変する情報技術の環境を、より完成度の高い次元のシステムにデザインして、グローバルに活躍できる技術者・研究者の育成をめざしています。

概要

キャンパス日野キャンパス

所属教員一覧

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

【博士前期課程】
1 理念

 情報科学域では、現代の高度情報化社会を支える情報科学の諸技術を幅広く修得することを通して、情報科学に関する深い知識と広い視野を備え、国際的に通用するコミュニケーション力を持つと共に、絶えざる技術革新が進む情報技術に対応できる人材の育成を目指しています。

2 求める学生像
  1. 先進的な情報科学分野の知識・技術に幅広く興味を持っている人
  2. 情報処理技術、情報通信技術、それらの基盤となるシステム技術における新しい創造に対して主体的に取り組む意欲を持っている人
  3. 情報技術の基礎理論系、アーキテクチャ系、コンテンツ系に関する専門的基礎知識をしっかりと身につけている人
3 入学者に求める能力
  1. 情報科学に関する基礎的な学力・技術と情報科学全般に関する幅広い知識
  2. 自らが主体的に問題を発見し、課題を解決する能力
  3. 国際的な視野から情報科学の研究や技術開発を進めるために必要な語学力
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験及び冬季試験)
 一般選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜の三種類の選抜方法を実施し、専門能力、発想力、論理的な思考力を総合的に判定します。実施時期は夏季及び冬季の二回で、評価方法は両者で基本的に同じです。

<一般選抜>
 筆記試験、英語外部共通試験スコア、面接及びその他の提出書類によって、総合的に判定します。
<社会人特別選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<外国人留学生特別選抜>
 第一次試験(書類選考)後、その合格者に対し、第二次試験(筆記試験、英語外部共通試験スコア及び面接)を行い、その結果及び提出書類によって総合的に判定します。

【博士後期課程】
1 理念

 情報科学域では、情報科学に関する高度な専門知識・技術と国際的に通用するコミュニケーション力を基盤として、情報科学の進展に貢献する新たな理論や情報化社会を支える技術を開拓できる人材の育成を目指しています。

2 求める学生像
  1. 先進的な情報科学の専門知識・技術をしっかりと身に着けている人
  2. 情報処理技術、情報通信技術、それらの基盤となるシステム技術における新しい創造に対して主体的に取り組む意欲を持っている人
  3. 国際的に通用するコミュニケーション力を有している人
3 入学者に求める能力
  1. 情報科学に関する深い専門的知識と高度な技術
  2. 自らが主体的に問題を発見し、課題を解決する能力
  3. 国際的な視野から情報科学の研究や技術開発を進めるために必要な語学力
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験及び冬季試験)
 一般選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜の三種類の選抜方法を実施し、専門能力、発想力、論理的な思考力を総合的に判定します。実施時期は、4月入学が夏季及び冬季の二回で、評価方法は両者で基本的に同じです。また、10月入学者の夏季選抜試験も実施します。
なお、海外在住の志願者に対しては、インターネットを用いた口頭試問を認めることがあります。

<一般選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<社会人特別選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<外国人留学生特別選抜>
 第一次試験(書類選考)後、その合格者に対し第二次試験(口頭試問)を行い、その結果及び提出書類によって総合的に判定します。

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

情報科学域の構成

ページトップへ