本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

数理科学専攻

代数・幾何・解析・応用数理の各分野における体系的理論の習得と、課題解決型テーマへの主体的な取り組みを通じて、現代数理科学の最先端へ誘います。理学系・工学系分野との交流により、視野の広い人材を育成します。

代数学分野/幾何学分野/解析学分野/応用数理科学分野

概要

キャンパス南大沢キャンパス

所属教員一覧

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

【博士前期課程】
1 理念

 数学は自然科学の基礎を担い、その発展に基本的役割を果たしてきました。現在において、その重要性はさらに広く認識されています。本専攻では、数学の主要分野である代数、幾何、解析に応用数理を加えた数理科学の4つの領域に対して、分野の枠組みにとらわれない総合的な立場からの教育・研究を行うことを目指します。

2 求める学生像
  1. 数理科学における基礎的な理解力を有し、多様な問題意識を持つ人
  2. 国際的な視野で知識を獲得し、意欲を持って研究課題に取り組むことのできる人
  3. 課題解決に必要なさまざまな能力の修得に意欲を持つ人
3 入学者に求める能力
  1. 数理科学の基礎的な学力と志望分野に対する探究心
  2. 志望分野において自らが主体的に問題を発見し、課題を解決する基礎的な能力
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験)
 筆答試問(数学、英語)による学力試験および面接・口頭試問を行います。筆答試問では数理科学に関する基礎学力、論述力、語学力を判定し、面接・口頭試問では論理的な思考力を重視して判定します。

(冬季試験)
 同上

【博士後期課程】
1 理念

 数学は自然科学の基礎を担い、その発展に基本的役割を果たしてきました。現在において、その重要性はさらに広く認識されています。本専攻では、数学の主要分野である代数、幾何、解析に応用数理を加えた数理科学の4つの領域に対して、分野の枠組みにとらわれない総合的な立場からの教育・研究を行うことを目指します。

2 求める学生像
  1. 数理科学の研究において、深くかつ広範な専門知識を持つ人
  2. 自立した研究者として、独創的かつ国際的な研究を遂行できる人
  3. 自らの研究の意義や社会的位置づけを客観的に評価できる能力を持つ人
3 入学者に求める能力
  1. 志望の分野に関する専門的知識と研究を遂行できる学力
  2. 志望分野において自らが主体的に問題を発見し、課題を解決する能力
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験)
 書類審査、修士論文、研究計画、面接・口頭試問により、上記の能力や専門性について総合的に判定します。

(冬季試験)
 同上

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

数理科学専攻の構成

ページトップへ