本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

化学専攻

物質の性質や変化を、電子の振る舞いによって理解するのが化学という学問です。配属された研究室での研究とともに、教室での講義を重視することによって、最先端の高度な知識を身につけた研究者の育成をめざします。

無機̶分析化学分野/有機̶生物化学分野/物理化学分野

概要

キャンパス南大沢キャンパス

所属教員一覧

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

【博士前期課程】
 理念

 原子・分子レベルで物質の構造、性質、反応性を理解し、分子構造の変換により新たな物質を創製することを目的とした化学の基本的な知識と基礎的な研究能力を持つ人材、研究に伴う社会的責任を自覚し、次世代の先端科学を担い得る人材、社会・環境における諸問題を科学の基礎に立って解決し得る有能な人材の育成を目的としています。

 求める学生像
  1. 原子や分子およびその複合体や集合体の構造、反応、機能、循環の解明や、新物質の合成に向けた研究に意欲的に取り組むことができる人
  2. 化学に関する理解を深めたい人
  3. 研究能力を向上させたい人
  4. 研究を通じて国際感覚を養い、国際的に活躍したい人
  5. 将来化学の専門家として働く希望を持つ人
 入学者に求める能力
  1. 化学全般にわたる広い知識
  2. 原子や分子およびその複合体や集合体の構造、反応、機能、循環の解明や、新物質の合成に向けた研究に対する意欲および研究を遂行する能力
  3. 志望分野において自らが主体的に問題を発見し、課題を解決する基礎的な能力
  4. 研究を進めるにあたり必要とされる外国語の能力
 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験)
 筆答試問と外部英語試験による学力試験および面接・口頭試問を行います。筆答試問は専門分野に関する知識や論述を判定し、面接・口頭試問では論理的な思考力、意欲、主体性などを判定します。
 書類審査、学力試験、面接・口頭試問により、上記能力や専門性について総合的に判定します。

(冬季試験)
 同上

【博士後期課程】
 理念

 原子・分子レベルで物質の構造、性質、反応性を理解し、分子構造の変換により新たな物質を創製することを目的とした化学の深い知識と優れた研究能力を持ち、研究に伴う社会的責任を自覚し、次世代の先端科学を担い得る人材、社会・環境における諸問題を科学の基礎に立って解決し得る有能な人材の育成を目的としています。

2 求める学生像
  1. 化学に関する人類の知識の深化に寄与したい人
  2. 化学の基礎と応用に関する深く幅広い見識の修得に積極的な姿勢を示す人
  3. 研究に伴う社会的責任を自覚しつつ、国際的かつ第一線の研究を遂行できる自立した研究者、研究指導者を目指す人
  4. 独創的な研究計画を立てて研究を遂行する能力、国際的学術雑誌に発表する能力、国際的な研究討論を行う能力、研究成果や意義を伝える能力の修得に意欲を持つ人
  5. 研究を通じて国際感覚を養い、国際的に活躍したい人
  6. 将来高度な専門性をもった化学の専門家として働く希望を持つ人
 入学者に求める能力
  1. 志望分野における高度な専門的知識
  2. 原子や分子およびその複合体や集合体の構造、反応、機能、循環の解明や、新物質の合成に向けた研究に対する意欲および研究を発展させる能力
  3. 研究を進めるにあたり必要とされる外国語の能力
 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験)
 博士前期課程等で行った研究に関する発表、および面接・口頭試問により、専門的知識、主体性、論理的思考力、意欲を総合的に判定します。

(冬季試験)
 同上

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

化学専攻の構成

ページトップへ