本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

生命科学専攻

遺伝子、細胞、集団、種、生態系など生命科学の広範な分野を対象に、動物、植物、微生物などさまざまな生物材料を用いて、基盤的、先端的双方の研究を行える多様性が大きな特色で、大学院生が自主的に専門家から学び、異分野間の交流も活発に行えるカリキュラムが整っています。

概要

キャンパス南大沢キャンパス

所属教員一覧

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

【博士前期課程】
 理念

 生物が生育していくための基本的な仕組みや高次構造・行動・生態などの解明に向け、目的、手法、問題点などを自主的に設定、実行するための基礎的な力を身につけるとともに、国際的な視野およびコミュニケーション能力も一体的に兼ね備えた学生を育成し、国内外で主体的に活躍できる研究者、教育者、開発者を養成します。

 求める学生像
  1. 生物、生命科学に強い興味を持ち、研究、専門的な知識の修得に、主体的に取り組む意欲がある人
  2. 生命科学の研究を通じて、研究力、企画力、実行力を修得したい人。
  3. 国際的な視野、コミュニケーション能力を備えた研究者、教育者、開発者として社会に貢献する希望を持つ人
 入学者に求める能力
  1. 出身大学、学部、専攻は問わないが、生物学、生命科学全般にわたる広い興味を有すること。
  2. 生物、生命科学あるいは他の分野において、主体的に問題を発見し、課題を解決できる潜在的な能力
 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験)
 筆答試問と外部英語試験による学力試験および面接・口頭試問を行います。筆答試問は専門分野に関する知識や論述力を判定し、面接・口頭試問では論理的な思考力、意欲、主体性などを判定します。
 書類審査、学力試験、面接・口頭試問により、上記能力や専門性について総合的に判定します。

(冬季試験)
 同上

【博士後期課程】
 理念

 生物が生育していくための基本的な仕組みや高次構造・行動・生態などの解明に向け、目的、手法、問題点などを自主的に設定、実行するための基礎的・応用的な力を身につけ、高い国際的な視野およびコミュニケーション能力も兼ね備えた学生を育成し、国内外で主体的かつ牽引的な活躍ができる研究者、教育者、開発者を養成します。

 求める学生像
  1. 生命科学の分野における独創的な最先端の研究を志す人
  2. 生命科学についての専門的な知識を修得し、第一線で活躍できる研究力、企画力、実行力を修得したい人
  3. 国際的に活躍しそれぞれの分野をリードする研究者、教育者、開発者として社会に貢献する意欲を持つ人
 入学者に求める能力
  1. 出身大学、学部、専攻は問わないが、志望分野に関する一定の専門的知識を有しているとともに、生物学、生命科学全般にわたって、広く興味を持っていること。
  2. 生物、生命科学の分野において、主体的に問題を発見し、課題を解決する能力
 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験)
 博士前期課程等で行った研究に関する発表、および面接・口頭試問により、専門的知識、主体性、論理的思考力、意欲を総合的に判定します。

(冬季試験)
 同上

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

生命科学専攻の構成

ページトップへ