本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

法学政治学研究科

グローバル化の行く先を予見できる見識で、世界の、社会の秩序を先導する人材を育成します。

法学政治学研究科 イメージ

外交や政治にさまざまな課題を突きつけるグローバリゼーションの進展は、同時に、法治国家の恒久的法体系をもゆるがしかねない問題をはらんでいます。
もはや後戻りすることのないグル―バル化の波の中、日本の先頭に立つ世界都市・東京で、世界の、社会の秩序を先導する、研究者や法曹の実務家を育てています。

概要

設置専攻法学政治学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
キャンパス南大沢キャンパス
晴海キャンパス(法曹養成専攻)

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

 法学政治学研究科は、東京都立大学大学院社会科学研究科基礎法学専攻、政治学専攻、および法曹養成専攻の伝統を継承した、法学政治学専攻および法曹養成専攻の2つの専攻から構成されます。法学政治学専攻では、広い視野に立って精深な学識を究め、真摯な情熱を備え、学界を牽引し、あるいは国際的水準に達した法学研究者および政治学研究者の養成、また、高度な知識、理解を有する専門的職業人・公務員を志す人材の育成を目的とします。法曹養成専攻では、東京をはじめとする大都市における企業活動、公益活動、さらには国際的な領域での活動など、現代社会の法律的課題に対応し、解決する高度な能力を備えた法曹の養成を目的とします。

法学政治学研究科の構成

ページトップへ