本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

理学療法科学域

臨床科学技術や健康・障害に関する理学療法の知識・技術と科学的思考を体系的・総合的に学び、高度な理学療法専門技術の開発や地域の健康づくり促進などの研究を通じ創造力と応用力を持つ高度実践専門家・研究者を育成します。

運動障害分析理学療法学分野/身体機能回復理学療法学分野/地域理学療法学分野/国際徒手理学療法学コース

概要

オリジナル
ホームページ
理学療法科学域 ホームページ 外部リンク
キャンパス荒川キャンパス

所属教員一覧

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

【博士前期課程】
1 理念

 本研究科は運動障害分析理学療法学分野、身体機能回復理学療法学分野、地域理学療法学分野の3つの研究分野と、1つの国際徒手理学療法学コースを有し、活発な研究活動を展開し、理学療法科学の創造力と応用力を備えた高度実践専門家・研究者を育成します。

2 求める学生像
  1. 高い語学力を有し、理学療法関連領域の英語科学論文を理解し討論ができる人
  2. 理学療法科学領域の専門知識を有し、高度専門職業人を目指す意欲のある人
3 入学者に求める能力
  1. 活発な研究活動を展開する、理学療法科学の創造力と応用力
  2. 主体的に問題を発見し、課題を解決する能力
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験)
 事前提出された研究計画について書類審査します。
 筆記試験において,語学試験および小論文を行います。
 口頭試問では,研究計画の実現性,および当該分野の専門知識について審査します。

(春季試験):国際徒手理学療法学コース
 事前提出された研究計画について書類審査します。
 筆記試験において,語学試験および筆記試験を行います。
 口頭試問では,研究計画の実現性,および当該分野の専門知識について審査します。

【博士後期課程】
1 理念

 運動障害分析理学療法学分野・身体機能回復理学療法学分野・地域理学療法学分野があります。データの収集・分析方法、ケース分析の方法などを指導します。特に自主性を尊重し、独力で問題解決する能力を養います。徹底した少人数教育を通じて学生が持っている問題意識を深耕し、議論を繰り返すことで、論理の構築を促します。このことで、高い能力を有し、世界を牽引する研究者を育てます。

2 求める学生像
  1. 専門領域において、新たな理論構築に意欲を持ち続けられる人
  2. 理学療法の発展を担う使命感を持つ人
  3. 当分野におけるリーダーとなる意欲のある人
  4. 協調性と自主性を併せ持ち、建設的な討論ができる人
3 入学者に求める能力
  1. 深い知識と、議論する能力
  2. 主体的に問題を発見し、課題を解決する能力
  3. 世界で活躍が期待できる高い語学力と、グローバルな視点
4 入学者に求める能力の評価方法

(冬季試験)
 事前提出された研究計画について書類審査します。
 筆記試験において、語学試験を行います。
 口頭試問では、研究計画の実現性、および当該分野の専門知識について審査します。

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

理学療法科学域の構成

ページトップへ