本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

看護科学域

4つの専門分野で研究を行うほか専門看護師コースも設置。大都市で生活する人々と地域の「健康」をテーマに、看護科学の研究・教育を通じて個人と集団の健康に寄与し、生活の質の向上と活力ある長寿社会の実現をめざします。

育成期看護学分野/成熟期看護学分野/広域看護学分野/看護倫理・管理学分野/専門看護師(CNS)コース(小児看護・在宅看護)

概要

オリジナル
ホームページ
看護科学域 ホームページ 外部リンク
キャンパス荒川キャンパス

所属教員一覧

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

【博士前期課程】
1 理念

 大都市で生活する人々及び地域の「健康」をテーマとし、看護科学の研究・教育を通じて個人と集団の「健康」に寄与し、生活の質の向上と活力ある長寿社会の実現を目指します。それ故、本学域は、①看護科学の探究、②高度実践看護師の育成、③看護科学の教育者・研究者の育成を目的に掲げています。
 博士課程(前期)においては、教育者、研究者の育成とともに高度な看護科学の知識と技術を有する高度実践看護師(CNS)を育成しています。

2 求める学生像
  1. 豊かな感性をもち、人間の権利と尊厳を重んじる態度が備わっている人
  2. 看護現象を適切に把握し、現象を論理的、科学的に分析できる能力を備えた人
  3. 多職種と協働し、看護の発展を推進するリーダーシップ能力を発揮できる人
3 入学者に求める能力
  1. 志望分野に関する専門的知識
  2. 看護科学全般にわたる広い知識
  3. 志望分野において、分野を横断して自らが主体的に問題を発見し、課題を解決する能力
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験及び冬季試験)
 看護学に関する英語の試験、専門分野の筆記試験、面接試験を行います。筆記試験は専門分野に関する知識や論述力を判定し、面接試験では論理的な思考力を重視して判定します。
上記3種類の試験により、能力や専門性について総合的に判定します。

【博士後期課程】
1 理念

 「知とアートの創造」を目標に掲げ、研究者、教育者として看護科学の発展に寄与し、保健・医療・福祉の分野でのリーダーとなる人材を育成しています。

2 求める学生像
  1. 倫理観に基づいた教育・研究を推進する能力のある人
  2. 看護実践の科学的基盤となる知識を創出する研究者として、国際的にリーダーシップをとれる人
3 入学者に求める能力
  1. 志望分野に関する深い専門的知識
  2. 看護科学の研究を通じて学術の発展に寄与する能力
  3. 志望分野において、分野を横断して先駆的な研究課題を自ら設定することができ、課題を解決する能力
4 入学者に求める能力の評価方法

(冬季試験)
 専門分野と他分野に関する筆記試験、口述試験により、能力や専門性について総合的に判定します。

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

看護科学域の構成

ページトップへ