本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

都市基盤環境学科

自然や環境と共生し、安全で豊かな社会基盤を創造する市民のための工学です。

都市基盤環境学科 イメージ

コンセプト

人口減少・超高齢化社会を見据え、活力のある国土・都市基盤の再構築や、都市基盤施設の老朽化に備えた効率的な維持管理の実施が求められています。また、地球環境の破壊が叫ばれる今、単に建造物を建てるのではなく、自然や環境と共生するインフラの整備が必要です。さらに、災害大国である日本では、地震・津波・台風などの自然災害に対する都市基盤を構築しなければなりません。都市基盤環境学科では、こうした未来を担う専門家を育てるために、「社会基盤分野」「環境システム分野」「安全防災分野」の3コースで総合的な視野と素養を備えた人材育成をめざします。また、国際共同研究や東京都の土木技術支援・人材育成センターとの連携大学院協定、都庁インターンシップなどを通じて、「都市の基盤整備と維持管理」「環境の保全と創造」「自然災害の軽減」を、実感をもって学ぶことができるのも首都大学東京ならではの特徴です。

社会基盤分野

長大・超長大橋や新素材橋梁など土木構造物の開発、社会基盤の効率的な維持管理、都市と交通の計画、設計、制御、都市・地域への経済効果、公共投資の財政マネジメントなどについて学びます。

環境システム分野

都市の上下水道、環境システム解析、環境影響評価、水環境の保全、自然と人間の共生技術、健全な水循環系の構築、流体解析、流域および海域の自然現象把握と災害予防、資源リサイクルの促進などについて学びます。

安全防災分野

地震・台風・火山活動などの自然災害の現象解明、リスク評価、安全・防災システムの構築、地上ならびに地下構造物の合理的設計・施工技術の確立、耐久性能向上ならびに維持・管理技術の開発、被害予測と対策分析のための防災情報システムの構築などを学びます。

概要

オリジナル
ホームページ
都市基盤環境学科 ホームページ 外部リンク
キャンパス南大沢キャンパス
大学院都市環境科学研究科 都市環境科学専攻
都市基盤環境学域

カリキュラム

段階的に専門性を深められる積み上げ方式のカリキュラムで、土木工学、環境工学に係わる工学・理学の専門知識と技術を習得、主体的に問題を発掘し、解決できる能力を養います。1・2年次には「構造力学」「土質力学」「水理学」など広範な技術分野の基礎学問を全員が履修し、3・4年次になると、多彩な専門科目の中から関心に沿って学習分野を選択。また、図学演習や情報処理、実験を行う科目など、実技科目も多く取り入れ、3年次には3泊4日の測量学実習や、建設中のトンネル・ダムなどの現場見学、都庁や建設業界などでのインターンシップも実施しています。4年次には、マンツーマン指導により特別研究を行います。

求める学生像

都市基盤環境学科で学習するための十分な基礎学力をもつ人、広い視野と柔軟な思考力をもち、社会や自然とのつながりを論理的に考えられる人、豊かな教養を備え、地域社会や国際社会で活躍する意欲のある人、バイタリティにあふれ、困難な問題にチャレンジしていける人を求めています。

所属教員一覧

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

本学科では、都市が直面する様々な問題(特に人口減少・超高齢化社会を見据えた活力ある国土・都市基盤の再構築と都市インフラの老朽化に備えた効率的な維持管理、都市環境の維持・保全・創造、自然災害に対する防災)に主眼を置き、既成の概念にとらわれず総合的な視野を有する土木技術者として、主体的な判断、行動能力を有し、創造的な力を発揮出来る人材を教育・育成します。

【求める学生像】
  1. 都市基盤環境学科で学修するための十分な基礎学力を持つ人
  2. 広い視野と柔軟な思考力を持ち、社会や自然とのつながりを論理的に考えられる人
  3. 豊かな教養を備え、地域社会や国際社会で活躍する意欲のある人
  4. バイタリティにあふれ、困難な問題にチャレンジしていける人
【高等学校段階までに修得すべき学力・能力】
  1. 都市基盤環境学科で学修するための十分な数学、理科の基礎学力
  2. 論理的な文章を書くための国語力、および情報を読み解き簡単な文章にまとめることのできる外国語力
  3. 自然・社会的な多様な視点を基礎とする柔軟な観察
  4. 他人と協働し一つのものを作り上げるために必要なコミュニケーション能力
【入学者選抜の基本方針】

一般入試(前期日程、後期日程)、多様な入試(指定校推薦、推薦、AO)、特別選抜入試などの入学者選抜方式によって、多様な能力をもった人材の受け入れをめざしています。

  • 一般選抜
    大学入試センター試験において、国語、数学、理科、外国語(4教科6科目)を課し、高等学校等において基本とされる教科を幅広く勉強し、十分な基礎学力を修得してきた、1と2の能力が優れた人材を選抜します。
    • (1) 前期日程
      前期日程では個別学力検査において、数学、理科、外国語(3教科3科目)を課し、工学系の本学科で学ぶことのできる十分な素質を有し、高い語学能力持った、1と2に優れた人材を選抜します。また、記述形式の試験を課すことによって、3の能力も測ります。
    • (2) 後期日程
      後期日程では1教科1科目の個別学力検査において、数学Ⅲまでを課すことによって、特に自然から数理としての本質を抽出する能力を有する、1に秀でている人材を選抜します。
  • 多様な選抜
    下記の選抜試験によって、それぞれの入試制度において求める学生像に合致した人材を見出します。
    • (1) 指定校推薦入試
      本学科が指定する高等学校において、高校生としての学力を十分に備え、かつ大学でその能力を十二分に発揮できる生徒であることを学校長が推薦する人材を対象とした選抜です。出願書類および面接によって、1から4のすべての能力を総合的に判定します。
    • (2) 一般推薦入試
      評定平均値が所定の値(総科目全体の評定平均値が4.0以上、又は外国語、数学および理科の評定平均値が4.3以上)に該当する成績優秀で、旺盛な向上心と積極性を有する人材を対象とした選抜です。調査書、推薦書、志望理由書による一次選考と、小論文と面接(口頭試問も含む)による二次選考によって、1から4のすべての能力を総合的に判定します。とくに3および4の能力を重視します。
    • (3) アドミッション・オフィス(AO)入試
      ・グローバル人材育成入試
      TOEFLなどの英語検定で所定のスコアを有し、かつ高等学校等で成績が、総科目全体の評定平均値で4.0以上、又は外国語と数学の評定平均値で4.3以上な人材を対象に、調査書および志望理由書による一次選考と、小論文と面接(口頭試問も含む)による二次選考によって、1から4のすべての能力を有し、国際社会で活躍する意欲の高い人材を選抜します。
    • (4) 特別選抜
      中国引揚者等子女入試、帰国子女入試、私費外国人留学生入試などにより、特別な条件を有する学生や外国人留学生も受け入れています。
      ・中国引揚者等子女入試
      一次選抜は出願書類により行います。二次選抜は一次選抜の合格者に対して行い、学力検査において、数学、理科、外国語(3教科3科目)を課すことによって、工学系の素質や語学能力に優れた学力を有する人材かを1と2で判定し、面接によって3と4を判定して、総合的に選抜します。
      ・帰国子女入試
      一次選抜は出願書類により行います。二次選抜は一次選抜の合格者に対して行い、学力検査において、数学、理科、外国語(3教科3科目)を課すことによって、工学系の素質や語学能力に優れた学力を有する人材かを1と2で判定し、面接によって3と4を判定して、総合的に選抜します。
      ・私費外国人留学生入試
      一次選抜は日本留学試験の結果により行います。二次選抜は一次選抜の合格者に対して行い、学力検査において、数学、理科、外国語(3教科3科目)を課すことによって、工学系の素質や語学能力に優れた学力を有する人材かを1と2で判定し、面接によって3と4を判定して、総合的に選抜します。

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

都市基盤環境学科の構成

ページトップへ