本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

インダストリアルアート学科

「アート」 ―― それは、新時代を築くイノベーションの原動力です。

インダストリアルアート学科 イメージ

コンセプト

インダストリアルに続く言葉といえば、「デザイン」を連想する人が多いのではないでしょうか。21世紀はデザインの時代。その認識に異論はありません。しかし、工業意匠と訳され、工業製品の商品性を高める手段と捉えられがちなインダストリアルデザインでは、取り組みは限定されてしまいます。デザインという言葉では伝えきれない大きな思いを込めて、あえて「インダストリアルアート」を名乗ります。それはたとえば、新しい価値観で都市の未来を創造し、計画する力、新時代を築くイノベーションの原動力と言い換えることができると思います。

人の心を揺さぶるアートやデザインは、そんな力を育む格好の教材です。インダストリアルアート学科では、プロダクトやメディアといった人に訴えかけるアート・デザインの学修に加えて、人の行動や意識をデザインに生かす人間工学を重視します。あわせて、デザイン資源を生活や社会・産業などに活かすためのリサーチ・企画・プロデュース・編集方法を、ワークショップなどのプログラムを通して体験的に学び、感じる心、成し遂げる技術を育みます。

概要

オリジナル
ホームページ
インダストリアルアート学科 ホームページ 外部リンク
キャンパス南大沢キャンパス
日野キャンパス
※一部の専門授業は、2年次(後期)から日野キャンパスにて開講
大学院システムデザイン研究科 システムデザイン専攻
インダストリアルアート学域

カリキュラム

専門科目は大きく「基礎総合ワークショップ」と「コア科目」に分かれます。「基礎総合ワークショップ」は、アート・デザイン全般に不可欠な技術と知識を体験的、協同的に学ぶ中で感性を磨くことが主眼。「コア科目」では、プロダクトデザインとメディアアートという産業にも直結するフィールドを設け、演習科目等で専門性を高めます。また、4年次には12のスタジオ(専門領域)に分かれ、アート・デザインとそのシステムが拓く新たな可能性を
特別研究(卒業研究)としてまとめます。

求める学生像

複雑化した社会において人とのかかわりを大切にし、未来に夢を持ち、幅広いものの見方で新しい価値の創造に取り組む意欲がある人材の育成をめざすシステムデザイン学部の1学科として、次のような学生の入学を期待します。

  • 人とのコミュニケーションを大切にするダイナミックな行動力のある人
  • デザイン、システム、社会に対して、豊かな感性をもって幅広い視野で捉えることに興味を持っている人
  • 先進のデザイン学を学ぶために十分な数学や英語などの基礎学力を持っている人

所属教員一覧

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

現代の社会が抱える様々な問題や文化産業活動にデザインの側面から解決策を提案し実践する能力を養成します。産業活動を工学的かつ表現的な視点から再編集し、新しい価値やグローバルなネットワークを生み出していくことができる総合的能力を備えた研究者、エンジニア、デザイナー、クリエイター、プロデューサー等の人材の育成を目指しています。特に「プロダクトデザイン分野」と「メディアアート分野」の両分野が相互に連関をとることで、エンジニアリングをベースにした新しい視点からのデザイン提案能力の育成に力を入れています。

【求める学生像】
  1. 人とのコミュニケーションを大切にするダイナミックな行動力のある人
  2. デザイン、システム、社会に対して、豊かな感性をもって幅広い視野で捉えることに興味をもっている人
  3. 先進のデザイン学を学ぶために十分な数学や英語などの基礎学力を持っている人
【高等学校段階までに修得すべき学力・能力】
  1. 専門技術の理解および論理的な思考のベースとなる数学、理科の基礎学力
  2. 国際感覚を養い世界に向けて発信するための基礎的語学力
  3. 社会の情勢にアンテナを張るための幅広い基礎学力
  4. 自身の考えを形で表現するための基礎的な造形表現力
  5. 自身の考えをしっかり発信できる表現力、多様な考え方を理解する協調力
【入学者選抜の基本方針】

一般選抜(前期日程、後期日程)、推薦入試および特別選抜入試を実施し、高等学校等において基本とされる教科を幅広く学習し十分な基礎学力に加えて、造形表現の基礎能力を修得している学生を選抜します。

  • 一般選抜
    • (1) 前期日程
      前期日程では、大学入試センター試験(4教科5科目)と個別学力検査(2教科3科目)により、数学・英語・造形表現の学力に優れた人を選抜します。
    • (2) 後期日程
      後期日程では、大学入試センター試験(4教科5科目)と個別学力検査(1教科2科目)により、数学・造形表現の学力に優れた人を選抜します。
  • 多様な選抜
    推薦入試によって、アドミッション・ポリシーに合致した学生を選抜します。
    • (1) 一般推薦入試
      出願書類、小論文、面接及び口頭試問により総合的に判定します。
    • (2) 特別選抜
      帰国子女入試および私費外国人留学生入試などによって国外からの学生(定められた教育を外国で受けた方)も受け入れています。
      ・帰国子女入試
      出願書類、個別学力検査(2教科3科目)および面接によって選抜します。
      ・中国引揚者等子女入試
      出願書類、個別学力検査(2教科3科目)および面接によって選抜します。
      ・私費外国人留学生入試
      日本留学試験の成績、個別学力検査(2教科3科目)および面接によって選抜します。

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

インダストリアルアート学科の構成

ページトップへ