本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

情報科学科

プログラミングと数理・論理的思考により社会的価値を創出します。

情報科学科 イメージ

コンセプト

現代社会において、情報技術は世界中のあらゆる分野で用いられ、歴史上4回目の「産業革命」と呼ばれるほどの変化を引き起こしています。19世紀半ばまでは土木工学中心の時代でしたが、20世紀に入るまでには機械工学が発展し、第一次世界大戦で電気工学や化学工学、そして第二次世界大戦で原子力工学が役割を拡大させていきました。21世紀を迎え、インターネットの拡大や計算機の高度化、人工知能やマルチメディア・ソーシャルメディアの急速な進展を経つつ、ビッグデータの時代が到来しましたが、これらは皆、情報技術の成果と言えます。新技術が世界各地に日進月歩で登場する一方で、社会的なリスク要因は多様化する傾向にあります。そうした未知の状況に日々直面する中でも、情報技術を駆使することによって将来を見据えた的確な決断を行い、グローバルに活躍できる人材の養成が急務となっています。情報科学科では、このような変化の激しい時代に柔軟に適応し、高度な情報技術に熟達した、国際的に活躍できるソフトウェアエンジニアを育成することをめざしています。

概要

キャンパス南大沢キャンパス
日野キャンパス
※一部の専門授業は、2年次(後期)から日野キャンパスにて開講
大学院システムデザイン研究科 システムデザイン専攻
情報科学域

カリキュラム

1~2年次は、南大沢キャンパスで教養科目を通して幅広い教養知識を学ぶことで、社会と関わっていくための十分な素養を身につけ、理系共通基礎科目・学科基礎科目によって、専門知識を身につけていくために必要な基礎力を養います。1年次から始まる領域導入科目では、最先端の技術を学ぶとともに、2年次以降は3つの学科専門科目群(基礎理論系・アーキテクチャ系・コンテンツ系)を履修します。また、プログラミング技術の修得に加えて、データ解析やコンテンツ処理に関する演習も重視しています。

3年次以降は、日野キャンパスに学びの場を移し、学科専門科目群の学修を引き続き行います。これら3つの科目群をバランスよく学びつつ、各自の専門性を伸ばすことができます。実験に関しては、より高度なプログラミング技術、データ解析・コンテンツ処理能力だけでなく、問題解決力、プレゼンテーション能力の育成が行われます。4年次には、指導教員のもとで特別研究(卒業研究)を履修します。教員一人あたり4名程度の研究室配属によるきめ細かい指導を受けながら、最先端情報技術の研究を経験することにより、問題発見、問題解決、ディスカッション、プレゼンテーション等の能力を養います。

求める学生像

情報技術は社会の基盤として人々の生活を支え、安全安心な社会の構築に貢献するとともに、人類のアクティビティを加速する原動力です。情報科学科では、情報技術の将来の発展を支える人材として、次のような学生を求めています。

  1. 高度情報化社会を支える技術・専門知識に幅広く興味を持っている人
  2. 世界にインパクトを与える仕事に挑戦したい人
  3. 全員がリーダーシップを発揮して問題解決に当たるプロジェクトに貢献したい人

所属教員一覧

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

現代社会において情報技術は世界中いたるところで用いられ、歴史上4回目の「産業革命」と呼ばれるほどの変化を引き起こしています。19世紀半ばまでは土木工学中心の時代でしたが、20世紀に入るまでには機械工学が発展し、第一次世界大戦で電気工学や化学工学、そして第二次世界大戦で原子力工学が役割を拡大させていきました。21世紀を迎え、インターネットの拡大や計算機の高度化、人工知能やマルチメディア処理技術の発展、そしてビッグデータ時代の到来とともに、情報技術が世界を動かす基盤となりました。世界各地から新しい技術が日進月歩で登場するため、未知の状況でもリスクを的確に判断し、過去を把握して将来を見据えた決断を行い、グローバルに活躍する人材の養成が急務となっています。

そこで、情報科学科では、このような時代に対応し、国際的に通用するソフトウェアエンジニアを育成することを目指しています。

【求める学生像】
  1. 高度情報化社会を支える技術・専門知識に幅広く興味を持っている人
  2. 世界にインパクトを与える仕事に挑戦したい人
  3. 全員がリーダーシップを発揮して問題解決に当たるプロジェクトに貢献したい人
【高等学校段階までに修得すべき学力・能力】
  1. 数学・英語・理科の十分な基礎学力
  2. 自ら学び、自ら考え、自ら行動することができる主体性に関する能力
  3. チームの一員として問題意識を共有できる能力
【入学者選抜の基本方針】

一般選抜においては、数学・英語・理科の基礎を十分に備えているかどうかを評価します。推薦・特別選抜においては、出願書類および面接によって、主体性を持って多様な人々とプロジェクトを遂行することができるかも合わせて総合的に評価します。

  • 一般選抜
    • (1) 前期日程
      前期日程では、大学入試センター試験(5教科6科目)と個別学力検査(3教科3科目)により、数学・理科・英語の学力に優れた人を選抜します。
    • (2) 後期日程
      後期日程では、大学入試センター試験(5教科6科目)と個別学力検査(1教科1科目)によって、特に数学の学力に優れた人を選抜します。
  • 多様な選抜
    また、本学科では、下記の多様な選抜試験・制度によって、上記記載の高等学校段階までに修得すべき学力・能力に優れた学生を見出します。
    • (1) 指定校推薦入試
      本学科が指定する高等学校との信頼関係に基づき、出願書類及び面接により総合的に判定します。
    • (2) 一般推薦入試
      出願書類、小論文、面接及び口頭試問により総合的に判定します。
    • (3) 都立工業高校等特別推薦入試
      都立工業高校等との信頼関係に基づき、出願書類及び面接により総合的に判定します。
    • (4) 特別選抜
      帰国子女入試および私費外国人留学生入試などによって国外からの学生(定められた教育を外国で受けた方)も受け入れています。
      ・中国引揚者等子女入試
      出願書類、個別学力検査(3教科3科目)および面接によって選抜します。
      ・帰国子女入試
      出願書類、個別学力検査(3教科3科目)および面接によって選抜します。
      ・私費外国人留学生入試
      日本留学試験の成績、個別学力検査(3教科3科目)および面接によって選抜します。

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

情報科学科の構成

ページトップへ