本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

システムデザイン学部

あなたの感性で、ぬくもりのある未来のシステムを創成しましょう。

システムデザイン学部 イメージ

科学技術の新たな概念や最先端テクノロジーがもたらすイノベーション(技術革新)によって、スマートフォンからロボット、惑星探査機まで、かつてはSFの世界にしかなかったさまざまな技術やシステムが現実のものとなりました。それらは、ひとつの要素技術だけではなく、多分野の複数の技術が連携・融合することではじめて実現されたものです。そして、そうした新しい時代の技術には、人の利便性や快適さなどを意識した、人間中心のシステムの視点が求められています。

本学部は、システム技術を機能と感性という二つの側面から総合的に教育研究する日本でも極めてユニークな最先端の学部です。そして、平成30年4月、新しいシステムデザイン学部がスタートします。社会・産業からの需要が著しく増加している情報系分野や機械系の生命分野を強化し、「情報科学科」、「電子情報システム工学科」、「機械システム工学科」、「航空宇宙システム工学科」、「インダストリアルアート学科」の5学科からなる新組織へ生まれ変わります。確かな基礎に裏づけされた応用力と、豊かな創造性を持つ技術者・研究者を育みます。本学部は、次世代や近未来の多様なシステムを創成したいという熱い志を持った皆さんの挑戦を期待しています。

システムデザイン学部の特色

本学部の最大の特徴は、現在の都市社会に必要なシステムだけでなく次世代や近未来の実現を目指す様々なシステムを、数理的、システム工学的なアプローチはもちろんのこと、人間の感性を重視したデザイン工学的なアプローチからも総合的に教育研究するという点です。

5つの学科は、それぞれが独自性を持って特徴的な専門教育を行っていますが、さまざまな要素技術・研究成果が総合された複合システムの設計・開発には、個々の知識だけでなく、関連した多くの分野の総合的な知識やノウハウ、さらには、それらを統合化する技術が必要となります。そのために、本学部では、各学科の専門分野に限定されることなく、学科間の緩やかな連携による教育研究体制により周辺分野の知識も含めた学際・横断的教育を受けることができる仕組みを整備しています。

人材育成のねらい

科学技術の世界では、多分野間の連携や融合化が進み、次々と新しい発見や最新テクノロジーを利用したシステムが生まれています。本学部では、それらに柔軟に対応できる、確かな知識に裏づけされた、応用性・創造性豊かな人材を育成します。

卒業後、システム開発やプロジェクトに関われば、様々な局面で異分野の技術者や開発研究者とのコミュニケーションが必要とされます。学科間の垣根が低いシステムデザイン学部の教育スタイルは、異分野間のコミュニケーションや協調性を醸成するのに適しています。また、本学部は、北米、ヨーロッパ、アジアの数多くの海外大学と研究交流協定を結んでおり、その交流ネットワークを利用した国際的な視点での人材育成を目指しています。

皆さんは、10年後、20年後、世界の諸都市で、高い知性と感性を持つ21世紀型のエンジニア、研究者あるいはクリエイターとして活躍されることを期待されています。

概要

オリジナル
ホームページ
システムデザイン学部 ホームページ 外部リンク
設置学科情報科学科
電子情報システム工学科
機械システム工学科
航空宇宙システム工学科
インダストリアルアート学科
キャンパス南大沢キャンパス
日野キャンパス
※一部の専門授業は、2年次(後期)から日野キャンパスにて開講

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

システムデザイン学部は、工学の普遍的基礎を成す機械工学、電気・電子工学、更に昨今の先端技術を支える情報科学/工学、ロボット工学、生命生体工学、そして総合工学の代表である航空宇宙工学をはじめとする各種応用分野の教育研究を行います。加えて、それらの複合体であるシステムを、機能と感性/アートの両面から最適にデザインするシステムデザイン技術の創成を推進し、国際的に活躍できる技術者・研究者などの優れた先導的人材を輩出します。本学部は、複雑化した社会において人とのかかわりを大切にし、未来に夢を持ち、幅広いものの見方で新しい価値の創造に取り組む意欲がある人材の育成を目指しています。

【求める学生像】
  1. 先進的なシステムデザイン工学を習得するに十分な基礎となる高校段階での学力を持つ人
  2. 先進的な開発や人や環境に配慮した新しいシステムの創造に関心を持ち、機械、電気・電子、情報、航空宇宙、デザインなどの工学及び感性を複合・横断的に学びたい人
  3. 知的好奇心を持って新しい価値の創造に積極的に取り組む意欲がある人
  4. 国内外の研究機関との研究交流・共同研究に興味を持ち国際的に挑戦する人

※試験教科・科目の詳細については、受験する年度用の「入学者選抜要項」又は「学生募集要項」を参照してください。

ページトップへ