本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

化学科

分子に関する深い理解を身につけ、広大な化学フィールドの探検者をめざします。

化学科 イメージ

コンセプト

本学科は東京都立大学理学部化学科・首都大学東京化学コースの伝統を引き継ぎ、少人数教育により化学の専門家の育成をめざしています。卒業生の半数以上は大学院に進学しています。化学は元素や分子のレベルで自然を理解し、物質の性質や変化、循環などを探求する自然科学の基礎的な分野です。研究対象は有機・無機物質にとどまらず、理論物理、固体物理、宇宙科学、分子生物学などにまで広がっています。このことは、物理や生物の領域と思われていた分野でも、元素や分子の知識が必要とされていることを意味します。本学科にはこのような最先端の化学を担う約30名の専任教員が在籍し、新しい分子を作ること、新しい化学反応を見つけることはもちろん、分子をキーワードとして多様な現象を理解すること、分子や分子の集合体の性質やその役割を明らかにすること、物質の成り立ちや循環を明らかにすることを目的とした研究を行っています。

概要

キャンパス南大沢キャンパス
大学院理学研究科
化学専攻

カリキュラム

化学の基礎を深く学ぶことを重視したカリキュラムになっています。1~3年次の間は無機・分析化学、有機・生物化学、物理化学の3分野をバランスよく学ぶことで、化学に関する土台をしっかり作ります。各分野の基礎を修得するために、充実した講義・演習科目が必修、選択必修科目として用意されています。また1年次の後期と3年次の前後期には実験が必修となっており、そこで集中的に化学の方法論を学びます。4年次には研究室に所属し、各研究室が推進している研究の一端を担って、1年間の卒業研究を行います。まだ答えの出ていない課題に取り組み、自ら考えて判断する力を養い、継続することの重要性を学びます。化学の研究対象のほとんどは世界共通の問題です。本学科は化学を通じて国際経験を積む機会を数多く提供し、積極的に海外で活躍する人の育成をめざしています。研究室には多くの外国人が在籍し、また海外での研究をサポートする制度もありますので、卒業研究は国際経験を積む良い機会でもあります。

求める学生像

本学科では化学の基礎理論から高度な実験的手法までを体系的に学んだ上で、広い視野を持った人材の育成をめざしています。化学は決して暗記科目ではありません。化学という学問が今まで積み上げてきた知識を、自分のものとして消化しようとする意欲が大切です。研究に関しては、新しいことに挑戦する勇気と、結果に対する謙虚さも大切です。化学に関する興味はもちろんのこと、数学、物理、生物など、広く自然科学に興味を持った意欲的な学生の入学を期待します。

所属教員一覧

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

化学は自然科学の幅広い分野で重要な役割を担っている原子や分子、またその複合体や集合体を扱う学問です。化学科では新しい物質を作り出すこと、様々な現象を分子のレベルで理解することをめざしています。次のような意欲的な方々を歓迎します。

【求める学生像】
  1. 論理的に物事を考え、新しいことに挑戦したい人
  2. 中学や高校の化学実験を「面白かった」と感じた人
  3. 分子が関与する様々な学問領域に幅広い興味を持っている人
【高等学校段階までに修得すべき学力・能力】
  1. 大学で化学を学ぶために必要となる数学および理科の十分な基礎学力
  2. 論理的に物事を考える思考力と、考えをまとめ伝える日本語の能力
  3. 大学で化学を外国語により学修するための基礎となる語学力
  4. 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
【入学者選抜の基本方針】

一般入試(一般選抜)では、高等学校等において基本とされる教科を幅広く勉強して偏りのない素養を身につけ、十分な基礎学力を修得した学生、特に1の能力に優れた人を選抜します。

  • 一般選抜
    • (1) 前期日程
      前期日程では、大学入試センター試験(5教科7科目)と個別学力検査(3教科4科目)により、1の能力に優れた人を選抜します。
    • (2) 後期日程
      後期日程では、大学入試センター試験(5教科7科目)と個別学力検査(2教科3科目:数学、物理、化学)によって、1の能力に優れた人を選抜します。
  • 多様な選抜
    本学科では、下記の多様な選抜試験・制度によって1から3のすべての能力を総合的に判定し、一般選抜では測れない能力や資質を持つ学生を受け入れます。
    • (1) 指定校推薦入試
      本学科が指定する高等学校との信頼関係に基づき、本学科が求める人材像と合致し、高等学校段階までに修得すべき学力・能力を備えた生徒であることを学校長が推薦する人を対象とした選抜です。出願書類および面接(口頭試問を含む)によって、1から3のすべての能力を総合的に判定します。
    • (2) 一般推薦入試
      英語および数学の基礎的な学力検査と、必要に応じて調査書、推薦書および志望理由書を参考に、一次選考を行います。さらに面接(口頭試問を含む)による二次選考によって、1から3のすべての能力に優れた人を選抜します。
    • (3) アドミッション・オフィス(AO)入試
      ・科学オリンピック入試
      在学中に「化学グランプリ」一次選考(筆記)で上位10%以内の成績を修めた者を対象に、出願書類、調査書、志望理由書、面接(口頭試問を含む)により、1の能力の中でも特に化学に優れた学力を有し、さらに、2および3についても優れた能力を持つ人を選抜します。
    • (4) 特別選抜
      帰国子女入試、私費外国人留学生入試など、国外からの学生(定められた教育を外国で受けた方)も受け入れています。
      ・中国引揚者等子女入試
      出願書類による一次選抜と個別学力検査(3教科4科目)による二次選抜によって1の能力を判定し、さらに、面接(口頭試問を含む)によって、2と3についても優れた能力を持つ人を選抜します。
      ・帰国子女入試
      出願書類による一次選抜と個別学力検査(3教科4科目)による二次選抜によって1の能力を判定し、さらに、面接(口頭試問を含む)によって、2と3についても優れた能力を持つ人を選抜します。
      ・私費外国人留学生入試
      日本留学試験による一次選抜と個別学力検査(3教科3科目)による二次選抜によって1の能力を判定し、さらに、面接(口頭試問を含む)によって、2と3についても優れた能力を持つ人を選抜します。

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

化学科の構成

ページトップへ