本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

生命科学科

実験と自主研究によって「研究する力」を身につけます。

生命科学科 イメージ

コンセプト

近年ヒトを含めた多くの生物のゲノム情報が解読されるようになりました。また野生生物であっても容易に遺伝子の解析が行えるようになりました。今、生命科学分野の研究は新たな局面を迎えています。DNA情報を活用して、生命の謎が次々と解き明かされようとしているのです。

そうした現状を踏まえ、生命科学科では基礎生物学・生命科学の様々な分野を学び、「研究する力」を身につけることを目標にしています。現代社会は急速に変化しており、そこでは広範な知識、技術を基盤として新しいことを考える力、つまり「研究する力」が重要となります。「研究する力」は科学者ばかりではなく、いろいろな分野の専門職でも必要な力です。

生命科学科では、分子、細胞から、集団、種、生態系まで、生命科学の幅広い分野の研究に取り組んでいます。研究材料も、動物、植物から微生物まで実に多様です。生物学・生命科学の分野を幅広く学習することによって「研究する力」を身につけ、応用も含めた様々な分野で活躍できる人材を育成します。

概要

キャンパス南大沢キャンパス
大学院理学研究科
生命科学専攻

カリキュラム

プログラムの約半分を実験や実習にあてた体験重視のカリキュラムによって、「研究する力」を身につけます。野外・臨海実習も3年次の夏休みを中心に充実しています。このようなカリキュラムの中でも特に特徴的な科目が、1年次から自ら選んだテーマの研究に取り組む「生物学自主研究」です。この科目では、担当教員の助言を受けながら学生が自ら研究グループを組織し、研究テーマの設定、研究計画の作成、実際の研究、そして研究成果の発表を行います。

また、優れた研究を行うためには、国際性、コミュニケーション能力、コンピューターを駆使する能力なども必要です。そこで英語、日本語の言語技術、またバイオインフォマティクスの教育などにも力を入れています。さらに生命科学科・英語課程では、卒業に必要な単位をすべて英語で履修することが可能であり、また英語と日本語での履修を組み合わせることも可能です。

求める学生像

生命科学は、生命のしくみを明らかにし、生物と環境との関係や進化について考える学問です。次のような人たちと、生命科学・生物学の学習と研究を進めていきたいと考えています。

  • 生物が大好きで、実験・観察・研究をしたい人
  • 生命科学を通じて、研究する力、企画力、実行力を身につけたい人
  • 英語力も高めて、国際的に活躍したいと思っている人

所属教員一覧

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

生命科学は、生命のしくみを明らかにし、生物と環境との関係や進化について考える学問です。次のような人たちと、生命科学・生物学の学習と研究を進めていきたいと考えています。

【求める学生像】
  1. 生物が大好きで、実験・観察・研究をしたい人
  2. 生命科学を通じて、研究する力、企画力、実行力を身につけたい人
  3. 英語力も高めて、国際的に活躍したいと思っている人
【高等学校段階までに修得すべき学力・能力】
  1. 大学で生命科学を学ぶために必要となる国語、数学、英語、化学の十分な基礎学力
  2. 論理的に物事を考える思考力と、考えをまとめる日本語または外国語の能力
  3. 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
【入学者選抜の基本方針】

一般入試(一般選抜)では、高等学校等において基本とされる教科を幅広く勉強して偏りのない素養を身につけ、十分な基礎学力を修得した学生、特に1の能力に優れた人を選抜します。

  • 一般選抜
    • (1) 前期日程
      前期日程では、大学入試センター試験(5教科7科目)と個別学力検査(3教科4科目)により、1の能力に優れた人を選抜します。
    • (2) 後期日程
      後期日程では、大学入試センター試験(5教科7科目)と個別学力検査(小論文)によって、1および2の能力に優れた人を選抜します。
  • 多様な選抜
    本学科では、下記の多様な選抜試験・制度によって1から3のすべての能力を総合的に判定し、一般選抜では測れない能力や資質を持つ学生を受け入れます。
    • (1) 指定校推薦入試
      本学科が指定する高等学校との信頼関係に基づき、本学科が求める人材像と合致し、高等学校段階までに修得すべき学力・能力を備えた生徒であることを学校長が推薦する人を対象とした選抜です。出願書類および面接(口頭試問を含む)によって、1から3のすべての能力を総合的に判定します。
    • (2) 一般推薦入試
      出願書類と、英語、数学、小論文の基礎的な学力検査と、必要に応じて、調査書、推薦書および志望理由書を参考に、一次選考を行います。さらに、面接(口頭試問を含む)による二次選考によって、1から3のすべての能力に優れた人を選抜します。
    • (3)アドミッション・オフィス(AO)入試
      (ゼミナール入試、SAT/ACT・IB入試、科学オリンピック入試)
      ・ゼミナール入試
      出願書類と、ゼミナール・サマーセッションの履修成績及び面接によって、1から3のすべての能力に優れた人を選抜します。
      ・SAT/ACT・IB入試
      外部学力試験・資格、出願書類及び面接(口頭試問を含む)によって、1から3のすべての能力に優れた人を選抜します。既卒生、および帰国子女の受験も可能です。
      ・科学オリンピック入試
      「日本生物学オリンピック」で予選を通過した者を対象に、出願書類、調査書、志望理由書、面接(口頭試問を含む)により、1の能力の中でも特に生命科学に優れた学力を有し、さらに、2および3についても優れた能力を持つ人を選抜します。
    • (4) 特別選抜
      帰国子女入試、私費外国人留学生入試など、国外からの学生(定められた教育を外国で受けた方)も受け入れています。
      ・中国引揚者等子女入試
      出願書類による一次選抜と個別学力検査(3教科4科目)による二次選抜によって1の能力を判定し、さらに、面接(口頭試問を含む。)によって、2と3についても優れた能力を持つ人を選抜します。
      ・ 帰国子女入試
      出願書類による一次選抜と個別学力検査(3教科4科目)による二次選抜によって1の能力を判定し、さらに、面接(口頭試問を含む。)によって、2と3についても優れた能力を持つ人を選抜します。
      ・ 私費外国人留学生入試
      日本留学試験による一次選抜と個別学力検査(3教科3科目)による二次選抜によって1の能力を判定し、さらに、面接(口頭試問を含む)によって、2と3についても優れた能力を持つ人を選抜します。
      ・ 私費外国人留学生入試(SAT/ACT利用)
      SAT/ACT等の外部学力試験によって1の能力を判定し、さらに、面接(口頭試問を含む)によって、2と3についても優れた能力を持つ人を選抜します。

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

生命科学科の構成

ページトップへ