本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

経済経営学部

人間の行動、社会・ビジネスの発展の源泉を的確に捉える力を伸ばします。

経済経営学部 イメージ

ある目的を持って人が集まれば社会は形成されます。しかし、それだけでは社会は機能しません。自由に動く人々がその社会の目的に向けて役立つように活動するための最小限のルールとは何か、またそこで自分はどのように行動すべきか。このような問題について経済的価値と時間的価値の観点から考える学問が経済学や経営学です。

皆さんが日常生活で使っている商品やサービスは、皆さんにとって「必要なモノ」や「便利なモノ」であったりするでしょう。その「モノ」は、企業や政府が産み出しています。そのためには、原材料として仕入れる「モノ」、商品・サービスを効率的に企画・製造・販売する「ヒト」、そしてその活動を支える「カネ」が必要です。

経済学・経営学は、これら「ヒト・モノ・カネ」にまつわる人間の行動や社会・ビジネスの発展の源泉を考えます。ロジカルに考える一方で、その本質には極めて人間らしさを垣間見ることができ、自由な発想と論理的な思考力を伸ばすことに適しています。今、このような経済学や経営学を理解して組織を動かすリーダーが求められており、私たちはそのようなリーダーの養成に努めます。意欲ある学生が集うことを期待しています。

経済経営学部の特色

経済のグローバル化や情報の高度化、人口構造・生活様式の変化など、今日の経済活動はさまざまな要因によりその姿を変えつつあります。社会が秩序を保ちながら大きく進化・発展していくためには、さまざまな人々、機関、国家の諸活動を適切に調整することが重要です。その際、ふたつの鍵となる調整メカニズムが重要な役割を果たします。ひとつは、自由な意志を持った個人の諸行動を価格の変動を通じて自動的に調整する「市場のメカニズム」です。もうひとつは、経営者が政策目標を設定し、計画を立案し、それに基づいて世の中のさまざまな利害関係や行動を調整する「組織のメカニズム」です。前者を中心に社会を考察していくのが広い意味での経済学であり、後者が経営学であるといえます。これらは、現実により良い社会や組織を構想し実現するための両輪であり、社会や組織の中で起こりうるさまざまな問題を解決するための「政策科学」なのです。

経済経営学部では、経済学と経営学の体系的なカリキュラムの提供を通して、教養教育と専門性の高い先進教育を展開します。そして、社会や組織のリーダーとして、市場と組織というふたつの調整メカニズムを通じて、社会全体を望ましい姿に導いていくための政策立案能力と問題解決能力の涵養をめざします。

2年次進級時にコースを選択

1年次に広く経済学と経営学の導入科目を学び、2年次進級時に学生の問題意識や関心に合わせ、経済学コースか経営学コースを選択します。いずれのコースにおいても経済学と経営学をともに学ぶことができ、自由な科目の履修が可能です。

優秀な研究者による少人数教育と徹底した専門教育を実現

2年次には、大教室における講義ばかりではなく、少人数のための専門的な講義・ゼミナールを目指した「2年次専門セミナー」が開講されます。3年次には、ほとんどの学生が少人数制のゼミナールに参加します。各分野の第一線の研究者である指導教員のもとで研究テーマにそって専門の知見を深め、4年次に卒業論文としてまとめていきます。

大学院と連携した実践教育

大学院では、経営学・経済学・ファイナンスの各分野で高度な課題処理能力を身につけた研究者および専門家を育成します。学部および大学院の専任教員として、経済学・経営学の学界を国際的にリードする研究者や、日本を代表する企業の重要ポストや国の中枢を担う政策決定機関からの人材など、それぞれの分野の第一線の研究者を擁しています。

概要

設置学科経済経営学科
経済学コース、経営学コース
キャンパス南大沢キャンパス

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

社会が秩序を保ちながら大きく進化・発展していくためには、様々な人々、機関、国家の諸活動を適切に調整することが重要です。その際、2つの調整メカニズムが重要な役割を果たします。ひとつは、自由な意志を持った個人の諸行動を価格の変動を通じて自動的に調整する「市場のメカニズム」、もうひとつは、政策目標を設定し、計画を立案し、それに基づいて社会の様々な利害関係や行動を調整する「組織のメカニズム」です。前者を中心に社会を考察していくのが経済学であり、後者が広い意味での経営学です。これらは、現実により良い社会や組織を構想し実現するための両輪であり、社会や組織で起こりうる様々な問題を解決するための「政策科学」なのです。

経済経営学部では、教養教育と専門性の高い先進的な教育を通じて、社会や組織のリーダーとして、市場と組織という2つのメカニズムを理解し、社会全体を望ましい姿に導く政策立案能力と問題解決能力を修得します。

【求める学生像】
  1. 経済・経営に広く関心を抱き、その事象を探り、これらの原理の解明に取り組みたい人
  2. 大学で学んだ知識や思考法を将来の経済・経営に活かし、社会に貢献したい人
  3. ゼミナール・講義の場、その他大学における活動を通して他者と交わり、自己を向上しようとする人
【高等学校段階までに修得すべき学力・能力】
  1. 経済学・経営学を学ぶための基礎となる幅広い基礎学力および論理的思考能力
  2. 事実や見解などの情報を読み解き、考えをまとめる日本語と外国語の語学力
  3. 数理的な考え方を要する科目の受講に必要な数学の基礎学力と分析能力
  4. 経済社会の歴史的変遷や基本的仕組みについての理解や幅広く深い洞察力
【入学者選抜の基本方針】

経済経営学部では、一般選抜(前期日程一般区分、前期日程数理区分、後期日程)のほか、各種AO・推薦入試などの入学者選抜方式によって、才能ある多様な人を受け入れます。

  • 一般選抜
    大学入試センター試験において、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語(5教科または6教科)を課し、高等学校の主要教科科目の基礎学力を測り、特に1の能力に優れた人を選抜します。
    • (1) 前期日程一般区分
      大学入試センター試験のほか、個別学力試験においては、国語、外国語、地理歴史または数学の記述形式の試験を課すことによって、2および3または4の能力に優れた人を選抜します。
    • (2) 前期日程数理区分
      大学入試センター試験のほか、個別学力試験においては、外国語、数学の記述形式の試験を課すことによって、2および3の能力に優れた人を選抜します。特に、数学においては数学Ⅲまでの知識が問われ、3の能力を重視した選抜をします。
    • (3) 後期日程
      大学入試センター試験のほか、個別学力試験では小論文によって1から4のすべての能力を測ります。特に、論理的思考力と語学力を重視して選抜します。
  • 多様な選抜
    • (1) 指定校推薦入試
      本学部が指定する高等学校との信頼関係に基づいて、本学および本学部が求める人材と合致し、かつ高等学校段階までに修得すべき学力・能力を備えた生徒であることについて学校長が推薦する人を対象とした選抜です。出願書類および面接(口頭試問も含む。)によって、1から4のすべての能力を総合的に判定します。
    • (2) 高校特定型特別推薦入試
      本学部が指定した高等学校を対象とした選抜です。出願書類による一次選考と、英語および数学の基礎的な学力検査と面接(口頭試験を含む。)による二次選考によって、1から4のすべての能力を総合的に判定します。
    • (3) アドミッション・オフィス(AO)入試
      ・グローバル人材育成入試
      経済経営学部のカリキュラムの科目を履修しながら、海外留学を必修とする「国際副専攻」カリキュラムも履修することによって、経済経営学部で学んだ専門的知識を生かして、国際社会で活躍するグローバルリーダーを目指す人を選抜します。TOEFLなどの外部英語試験で所定のスコアを有し、かつ高等学校等で成績優秀な人を対象にして、出願書類、小論文および面接(口頭試問も含む)によって、1から4のすべての能力を総合的に判定します。特に、国際社会で活躍する意欲と留学に必要な語学力を重視して選抜します。
      なお、経済経営学部のAO・推薦入試では、1の能力も重視する観点から、合格者に対して大学入試センター試験の受験を義務付けています。
    • (4) 特別選抜
      ・私費外国人留学生入試
      第1次選抜では、日本留学試験とTOEFLのスコアを用いて、1および2の能力に優れた人を選抜します。第1次選抜合格者に対し、第2次選抜では地理歴史または数学の記述形式の試験を課すことによって、2および3または4の能力に優れた人を選抜します。

※試験教科・科目の詳細については、受験する年度用の「入学者選抜要項」又は「学生募集要項」を参照してください。

ページトップへ